カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アナフィラキシー >
  4. もしものときのために知っておきたいアナフィラキシー対処法

アレルギー

もしものときのために知っておきたいアナフィラキシー対処法

 

アナフィラキシーとはハチやヘビによる毒の摂取や、薬剤投与の後に皮膚症状や鼻咽頭症状などが引き起こされるアレルギー反応です。こうした反応は免疫とは反対の現象と考えられ、防護状態(フィラキシー)とは反対(アナ)という意味でアナフィラキシーという名称になっています。

 

 

まずは速やかに医療機関

アナフィラキシーが疑われる症状が見られたら、すぐに医療機関を受診する方法を考えることが重要です。必要であれば救急車を呼ぶことも考えなければいけません。症状があらわれるまでの時間が短ければ短いほどアナフィラキシーの症状が重篤化しやすいですので、その場合は迷わず119番通報をしましょう。

 

現場で出来ること

現場でできる対応としては、アナフィラキシーのアレルギー症状の原因となっている物質を取り除くことです。アレルギー原因となる物質が体内に残ったままですと、症状がより悪化してしまうことが考えられます。

 

食品の場合…食物アレルギーでアナフィラキシーを起こした場合、口に食品が残っている場合はそれをきれいに口の中から出し、口をしっかりすすぎます。原因物質が皮膚についている場合や、目などの粘膜についている場合も同様に流水などできれいに流しとります

 

ハチに刺された場合…ハチ毒が原因でアナフィラキシーを起こした場合は、すぐにその場から離れます。ハチは集団で行動しますので、攻撃対象が見つかるとすぐに数を増やして集団で襲い掛かってきます。その際に毒液を空中に巻いて場所を知らせるため、まずは場所を移動してください。またミツバチなどは刺した箇所に針を残していきます。このハリには毒液が残っていて、時間経過と共に毒液が体内に入っていき、症状の悪化につながります。そのため、ハチの針は速やかにその場で抜いてしまいましょう

 

患者に対して

血の気が引いたり、めまいを感じるなどの血圧低下を示す症状が見られた場合は仰向けにして、足を心臓よりも高く上げ、心臓に戻る血液を後押しして、血圧の上昇をはかります。ただし嘔吐の症状や意識の悪さが見られる場合はこれを行わず、嘔吐物を出しやすいようにするために体を横に向けてあげてください。嘔吐物はのどに詰まると呼吸困難を引き起こすことがあります。

 

 

症状発症から医療機関での処置までの時間が命にかかわることもあります。急激に症状が進行する分現場での対応に左右される部分が大きいのです。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/08/17-006601.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アナフィラキシーに関する記事

私は大丈夫、が命取り?身近に潜むアナフィラキシーの起因物質とは

  はじめての発症である場合やアナフィラキシーの起因物質が特定できていない場合...

「粉もの」でアナフィラキシー?!ダニアレルギーの人は要注意

  ダニアレルギーがある人は、ホコリやハウスダストに気を配っているのではな...


死の危険もある!アナフィラキシーとは?

アナフィラキシーはアレルギー反応のひとつで、数あるアレルギー反応の中でも生死にか...

命の危険も?全身性のアレルギー反応 アナフィラキシーとは

  特定の原因物質と接触することにより生じる全身性のアレルギー反応をアナフィラ...

カラダノートひろば

アナフィラキシーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る