カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 薬物 >
  5. 薬アレルギー発症と症状

アレルギー

薬アレルギー発症と症状

 

人間には元来、自分の細胞と外から侵入してきたものを区別し、それを排除しようとする機能が備わっています。しかしその機能が過度に反応すると、必要以上にこの機能が働いてしまい、人の体に害をなすことがあります。これを引き起こすきっかけになるものをアレルゲンと言いますが、一般的に使用される薬物がアレルゲンとなる場合もあります。

 

 

発症までの時間

薬剤を内服ないし注射した後に摂取してからすぐに症状があらわれる場合と、薬剤の使用を続けて1週間から2週間後、薬剤によってはさらに遅く症状があらわれる場合があります。

 

症状

アレルゲンとなる薬剤によっても違いますが、多く見られる症状は麻疹や風疹と似た細かい赤い斑点が全身に広がる症状や、蕁麻疹湿疹などがあります。また、日光に当たっている部分だけが赤くなる光線過敏症や、薬を用いるごとに同じ場所が赤くなったり、色素沈着が残ったりなどの症状が多く見られます。

 

重症な症状

アレルゲンの種類や、患者のアレルゲンに対する強さによって引き起こされる症状は変わりますが、免疫が低下しているなどの条件が重なるなどすると症状が重度になることがあります。重篤な症状では高熱を伴う赤い大きな全身性の斑点やみずぶくれをつくることがあります。また、こうした皮膚症状に加えて結膜や唇といった粘膜にも症状を伴うことがありますし、皮膚の広い部分が中毒性表皮壊死症になることもあります。また、肝臓や腎臓の機能に影響を及ぼすこともあります。

 

 

すぐに症状が出れば薬によるアレルギー反応だと分かりますが、少しずつ摂取していくことでアレルギー反応が起こると原因が薬にあるとわからないこともあります。薬を服用しているときに体調が悪くなりいつもと違う症状が出るなどしたら、すぐに薬の服用を中止する方が賢明です。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/04/02-035496.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物に関する記事

薬アレルギーのメカニズム

  アレルギー反応とは、体の中に異物が侵入してきたときに、体の防衛本能が必要以...

死因は風邪薬を飲んだこと!?これ、大げさではなく誰にでも起こる可能性があるんです!

薬疹という言葉を知っているでしょうか。これは、薬に対するアレルギーと言い換え...


もしかしたらあなたもなる可能性のある寒冷アレルギー 原因はすぐ隣に

  寒冷アレルギーは、身近な現象や物質によって発症するやっかいなアレルギー...

気をつけて!ステロイド投与により現れる精神症状

  ステロイド剤は皮膚科などで良く処方される医薬品です。アトピー性皮膚炎などの治...

カラダノートひろば

薬物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る