カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病院 >
  4. 診察内容 >
  5. EDの診察はどのように行われるか

男性のカラダの悩み

EDの診察はどのように行われるか

 

EDは大分有名になってきた病気ですが、いまだに受診患者数は少ない病気とも言われています。

日本国内のED患者はおよそ1000万人で、そのうちED治療薬等の何らかの治療を受けている患者は100万人いるかどうかというくらいです。

ED治療が進まない背景と診察で行われることを見ていきます。

 

●ED=恥ずかしいという考え

性的な悩み・問題はパートナーとの間のみで解決するべきものという考え方は世界中にあります。特に日本では性教育についても長い間『蓋をする』タイプの教育が行われてきました。

例えEDだったとしてもパートナーにすらそれを言い出すきっかけがつかめない、EDは恥ずかしいと思ってしまう方が多いのです。

そのため、患者数の10分の1にも満たないほどの治療者数になると考えられます。

 

●EDの診察の実際は?

EDかもしれない、と思って病院に行ってみて実際にどんな診察をするかというと基本は問診のみです。

性器を医師に見せるのは恥ずかしいという方が大半ですが、性器を見せることはほとんどないので安心してください。

どのような時にEDと思ったのか、そしてどのような症状が出ているのかを記入したり、医師と話していく中でEDの診察の大半は終了です。

 

●ED治療薬のための検査がある場合も

ED治療薬は誰でも服用できる薬というわけではありません。例えば心臓などに異常があるとED治療薬を服用できないこともあるのです。

そのため、診察によってEDとわかったらED治療薬を服用できる体かどうかを調べるための検査をする場合もあります。

 

EDは患者数に比べて治療者数の少ない病気で、積極的な診察が求められる病気でもあります。

EDの診察というと未知の部分も多いかもしれませんが基本は問診のみですので安心してください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/26-370379.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

診察内容に関する記事

不妊の原因の半分は男性側にある!男性不妊に対してどのような診察が行われるの?

男性のカラダの悩みというと、一般的に勃起障害や包茎治療などが思い浮かぶかもし...

健康診断とは違う?人間ドックの検査内容6つのポイント

  人が成人し、社会で生活する上でどんどん膨れあがるリスクがあります。それが病...


知っておこう!泌尿器科で取り扱う疾患例

  泌尿器科という名前は知っていても、そこが診察してくれる部位や疾患など正...

気になる!男性の性病検査

  女性の性病検査といえば婦人科、産婦人科で行うのが一般的です。ところが男性の...

カラダノートひろば

診察内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る