カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病院 >
  4. 選び方 >
  5. 「なんとなく体調が悪い」更年期障害・不定愁訴はまずは内科受診がベスト

男性のカラダの悩み

「なんとなく体調が悪い」更年期障害・不定愁訴はまずは内科受診がベスト

 

不定愁訴はちょっと聞き慣れない症状かもしれませんが男女を問わず更年期障害にはよくみられる症状でもあります。

不定愁訴というのは『なんとなく体調が悪い』という状態を指しています。

ところが検査をしても何の異常もないのが不定愁訴の特徴で、何回か別の病気で不定愁訴を経験していると更年期障害のときも『不定愁訴ではないか』と思い当たるという方もいるくらいです。

 

●不定愁訴は内科?その他の科?

不定愁訴かもしれない、と思った時にはまず内科を受診するのがベストと言われています。

というのも過去に不定愁訴だったからといって今回も必ず不定愁訴とは限らないからです。不定愁訴に見える別の病気の可能性も考えられるのでまずは内科でいくつか検査を受けた方が良いです。

内科で異常がなく、不定愁訴と決まったら別の科での治療が行われることもあります。

ですので不定愁訴かなと自分で思ったのであればまずは内科の受診が必須です。

 

●内科以外での治療もあり得る?

不定愁訴の原因がストレスと思しきときには精神科や心療内科で治療を行います。

心療内科は内科的症状を伴う場合、精神科は精神的な症状のみの診療が基本ですが実際のところ対象となる病気にそれほど大きな違いはありません。

特に不定愁訴の場合は『体がだるい』『すぐに落ち込む』など体と心の両方に影響が出て、どちらが大きいかがその時々で違うこともあるので症状や希望に合わせて心療内科や精神科での治療を行う場合が多いです。

また、更年期障害の治療として一般的なホルモン療法は泌尿器科で行います。

 

更年期の不定愁訴が疑われる場合でも、まずはそのほかの病気の可能性を排除するために内科での検査をします。

そして、その後必要であれば心療内科や精神科での治療を行うこともあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/17-365388.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方に関する記事

誰にも聞けない?恥ずかしい?性病の病院の選び方のコツとは

  性病で病院に行くのってちょっと恥ずかしいと思う方も多いようです。とは言えど...

男性にも更年期?!中年男性の体調不良には男性更年期外来へ行こう!

    50歳前後の女性がイライラ・うつ症状・ほてりなど様々な症状を持つ「更...


包茎手術を受ける際の病院の選び方 どういった点に気をつけて病院を選ぶ?

男性の体の悩みとしてなかなか友達や家族に相談できないものの一つに包茎があります...

男性には恥ずかしい悩み…勃起障害を治療してくれる病院の選び方とは?

男性のカラダの悩みの一つでなかなか他人に言えない恥ずかしい病気の一つに勃起障...

カラダノートひろば

選び方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る