カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 市販薬 >
  5. 睡眠導入剤の効果・副作用・飲みあわせについて知っておこう!

不眠・睡眠障害

睡眠導入剤の効果・副作用・飲みあわせについて知っておこう!

 

単に睡眠薬と言ってもすべてが同じ効果を持ち、同じ作用をしてくれるわけではありません。

 

睡眠薬は睡眠改善薬と睡眠導入剤に大きく分けることができそれぞれ効果が異なります。ただ、どちらの睡眠薬においても人工的に生理現象を起こさせているわけですから、当然副作用が出てきます。 

 

睡眠導入剤は眠気を誘うだけ

睡眠導入剤は眠りに入るときの眠気を誘う役割をする薬です。そのため元々浅い睡眠を深くすることは出来ず、睡眠の質自体を改善することはできません。

 

また長期的な服用を想定している薬ではありませんので以下のような副作用があらわれる場合があります。

・急に起こる気分障害(イライラや鬱のような感覚)

・昼間の眠気

・多夢

・起床時の頭痛

 

実際は眠りが十分ではありませんから、脳や体は十分に休まっていないので上記のような症状が起きます。特に翌日は昼間に急に眠気に襲われることがありますので、注意が必要です。

 

市販薬でも長期常用は危険 

元々市販されている睡眠導入剤は市販してもあまり害がないような薬を使用していますので、病院で処方される睡眠薬と比べると副作用が出ることが少ないです。しかし、そうした薬でも長期的に使用することで薬に対する自分の体質が変わり、頭痛などの副作用が認められます。

 

また、高齢者や腎臓肝臓に病気を持っている人はこうした副作用が出やすいので注意しましょう。

 

気をつけたい飲みあわせ 

睡眠導入剤は抗ヒスタミン薬の副作用を利用して眠気を起こしています。そのため、他の薬を合わせることで抗ヒスタミン薬の作用が増強することがありますので以下の薬には注意しましょう。

・風邪薬

・鼻炎薬

・酔い止めの薬

・アレルギーに関する薬

・解熱鎮痛薬

 

市販薬は病院と違って他の薬と併用することを想定していません。そのためこうした過剰な相乗効果を生んでしまうこともあります。 

 

こうした薬を使用する際はできれば薬剤師などの専門性を持つ人に相談して使用すると安心でしょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/02/24-376656.php]) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

市販薬に関する記事

睡眠薬には抵抗があるので漢方薬を飲みたい…と考えている場合に知っておきたいこと

睡眠薬というと副作用が強いイメージがあり、やめられなくなったり精神が破綻するので...

バルビツール系 やベンゾジアゼピン系…睡眠薬や睡眠導入剤の強さによる分類

   現在、睡眠薬や睡眠導入剤の処方が国内で増えています。さらに、睡眠導入剤は...


睡眠導入剤を使用するときに知っておくべきこと3つ!

  眠りたいのに眠れないで睡眠不足の日が続くと、その状態がまた不安になり、睡眠と...

東洋医学の薬、漢方薬…不眠に効く漢方薬はどんなものがあるの?

東洋医学の薬が漢方薬で、漢方薬は漢方医によって処方されます。 漢方薬はいくつか...

カラダノートひろば

市販薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る