カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 市販薬 >
  5. 漢方薬で睡眠の質をゆっくり上げていく

不眠・睡眠障害

漢方薬で睡眠の質をゆっくり上げていく

 

不眠に効果がある薬は、一般的な睡眠薬ばかりではありません。一般的に取り上げられる睡眠薬とは西洋医学における睡眠導入剤や睡眠改善薬ですが、不眠を解消するという意味においては漢方薬にもその効果を期待することができます。 

 

西洋の薬と東洋の薬

西洋医学における睡眠薬は薬の副作用を利用したものであったり、脳の情報伝達物質に働きかけるなどするもので、悪い言い方をすれば体や脳が覚醒しているスイッチを無理やりオフに切り替えようとするものです。それ故に適切な使い方からはずれると依存性などの副作用が出てきます。

 

一方漢方薬は、体質改善をしていくようなもので、西洋医学の薬よりもはるかに効果があらわれるのに時間がかかります。しかしこうした特徴故、副作用が出にくいのが利点です。

 

入眠障害におススメの漢方

・抑肝散陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

・酸棗仁湯(さんそうにんとう)

 

どちらも胃腸が弱い人でも使える漢方薬です。抑肝散加陳皮半夏は神経の高ぶりを抑えてくれることが一番の効果です。また、筋肉のこわばりやひきつりをゆるめ、心と体の状態を安定させます。子どもの疳にも好んで用いられます。また、酸棗仁湯は疲れなどで神経が高ぶっているときにそれを鎮めてくれます。

 

途中覚醒や早期覚醒におススメの漢方

・加味帰脾湯(かみきひとう)

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

 

加味帰脾湯は胃腸が弱い人でも使用できる漢方です。胃腸を丈夫にしてくれる効果もありますし、不安感や精神的な緊張、イライラ感を鎮めることで深い睡眠に導きます。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯は比較的体が丈夫な人が使用可能で、高ぶった精神を鎮めて心と体のバランスを安定させます。 

 

こうした漢方でも副作用が全くないわけではありませんので、体に不調を感じたら専門医に相談することが大切です。気長に効果を待つ時間があるのであれば、漢方薬での不眠改善も選択肢に入れてみて下さい。  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/04/16-360893.php]) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

市販薬に関する記事

東洋医学の薬、漢方薬…不眠に効く漢方薬はどんなものがあるの?

東洋医学の薬が漢方薬で、漢方薬は漢方医によって処方されます。 漢方薬はいくつか...

使う前に知っておきたい!睡眠改善薬の種類と効果まとめ!

  眠りに関するトラブルを抱えている場合、患者さんは質的にも量的にも十分な睡眠を...


睡眠導入剤の効果・副作用・飲みあわせについて知っておこう!

  単に睡眠薬と言ってもすべてが同じ効果を持ち、同じ作用をしてくれるわけではあ...

バルビツール系 やベンゾジアゼピン系…睡眠薬や睡眠導入剤の強さによる分類

   現在、睡眠薬や睡眠導入剤の処方が国内で増えています。さらに、睡眠導入剤は...

カラダノートひろば

市販薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る