カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. >
  5. どれがいいか迷う!自分に合う抱き枕の選び方まとめ

不眠・睡眠障害

どれがいいか迷う!自分に合う抱き枕の選び方まとめ

 

枕選びは睡眠の質を左右するものであることはもちろんの事、そこから波及して日中の活動や健康にまで影響を及ぼす非常に重要なものです。

 

睡眠障害の原因はいろいろとありますが、特に精神的な不安定が原因で睡眠障害を引き起こしている場合は抱き枕を使用するという方法もあります。 

 

種類が豊富な抱き枕

抱き枕には様々な種類があります。単純に細長い形のものやS字型のもの、柔らかい素材やしっかりした素材、反発力の高いものなど様々な工夫がなされたものが売られています。

 

抱き枕で快眠を目指す場合は主にリラックス効果を期待して使用しますので、自分が好きなものを選んでよいのですが、睡眠の質を考えるといくつか選び方のコツが出てきます。

 

抱き枕の大きさの目安

おおよその目安として抱き枕の大きさを考えることも良い睡眠に影響します。

 

まず枕の長さは顔の幅の約3倍、60㎝程度の長さがあると安心で、この長さであれば寝返りをしても枕がずれる心配が少なくなります。また、枕の幅は材質によって違いますが30㎝から50㎝あるとよいです。

 

枕を抱えたときの横に丸まった姿勢がいい

抱き枕を抱いて寝ると自然と背中が丸まった姿勢になります。この姿勢は動物的に最も安定している姿勢とされており、精神的に安定して眠りに入ることができます。また単純に横向きで眠るよりも抱き枕に抱きついて眠ったほうが体にかかる負担が分散するので物理的に体がラクになるということも分かっています。

 

 

快眠を促す目的の抱き枕はいろいろな種類が売られています。中にはいびきを軽減したり、スピーカーの機能がついていたりと様々な機能が加えられた抱き枕があります。また自分の体格にあったオリジナルの抱き枕をつくることもできます。

(Photo by: //www.ashinari.com/

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

枕に関する記事

良質な睡眠のための枕選び

毎日何気なく使っている枕ですが、睡眠の為に重要なアイテムです。あなたは、自分にあ...

枕のかわりにタオルで高さを調節!

  枕が自分に合わないと首の血行を阻害するなどして首の神経に負担をかけ、熟睡す...


不眠症対策に抱き枕が効く!?

  不眠症の原因の一つに精神的なストレスがあります。こうしたことが理由の不眠症...

枕選びのポイント

インターネットで『いびき 枕』で検索すると驚く方が多いかと思います。「高い枕はい...

カラダノートひろば

枕の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る