カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. >
  5. 枕のかわりにタオルで高さを調節!

不眠・睡眠障害

枕のかわりにタオルで高さを調節!

 

枕が自分に合わないと首の血行を阻害するなどして首の神経に負担をかけ、熟睡することが難しくなります。また、自分に合った枕でないと寝返りがうまく打つことができません。人が就寝中に寝返りを打つことは体の一部に負担をかけるのを防ぐのに必要なことで、これも質の良い睡眠を阻害します。

 

 

枕なしで寝るとは?

枕は高すぎても低すぎても睡眠を阻害する要因になります。それならば、枕なしにしてしまったら余計に頭が低くなって良い睡眠をとれなくなるのではないかと思うと思います。それはもちろんその通りで、何も頭に敷かないで寝ると頭が低くなりすぎて逆に体によくない影響が出る場合があります。

 

枕の代わりにタオル

自分に合った枕を使うのであればそれでいいのですが、そうでないならば代わりにタオルを使用するのが良いでしょう。タオルであれば高さを調節することは容易にできます。

 

使用するのはタオルケットなどの大判のタオルです。

特に固めの大判のタオルなどを使用して、やわらかいタオルの中に入れるといいでしょう。

タオルの重ねた断面は布団と90度になるようにしてください。

タオル枕に頭を置いて寝たときに、自然体で立っている時と同じ姿勢になるように調節します。

つまりおでこ・鼻・あご・首が一直線になるようにしてください。

仰向けに寝たときには喉や肩に違和感や圧迫感がないか確認します。

 

やわらかいタオルの中にかたいタオルを入れることで、頭が必要以上に沈むのを防ぐことができます。タオルの高さはタオルの枚数で調節してもよいですし、タオルを折る回数で調節することもできます。

 

 

こうした方法は特に普段枕が高い人や眠っても疲れが取れないという人に適している方法です。こうした人はいきなり枕を下げるとその差で負担がかかってしまいますので、少しずつ高さを調節するとよいでしょう。高さを調節してみて熟睡できるポイントを探してみてください。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/10/31-029932.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

枕に関する記事

枕選びのポイント

インターネットで『いびき 枕』で検索すると驚く方が多いかと思います。「高い枕はい...

不眠症対策に抱き枕が効く!?

  不眠症の原因の一つに精神的なストレスがあります。こうしたことが理由の不眠症...


寝苦しい梅雨時期を快眠グッズで乗り切ろう!「塩まくら」の効果とは?

  ジメジメ…ムシムシ…日中起きている時間帯でも過ごしにくく、不快度指数が...

良質な睡眠のための枕選び

毎日何気なく使っている枕ですが、睡眠の為に重要なアイテムです。あなたは、自分にあ...

カラダノートひろば

枕の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る