カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 睡眠を邪魔しない掛け布団の3つの特徴

不眠・睡眠障害

睡眠を邪魔しない掛け布団の3つの特徴

 

よく眠れない・眠っても疲れが取れないという場合、その原因として考えられる寝具は敷布団やマットレス、枕などです。しかし、実際睡眠の環境にはこれらだけではなく掛け布団という要素もあります。

 

 

睡眠の邪魔をしない掛け布団1 保湿力

人が眠りに入るとき、体温の変化というものが非常に重要な要素の一つです。深い眠りにストンと落ちるには体温がスムーズに下がっていくことが必要になります。それは外気に冷やされて体温が下がっていくのではなく、人に備わっている体の調節機能として体温を下げていくことです。つまり布団の中は外気に左右されない方がよいのです。その点で掛け布団の保湿力は非常に重要で、特に寝るときに冷えを感じる人は押さえておきたい点です。

 

睡眠の邪魔をしない掛け布団2 軽さ

睡眠において寝返りは、血液の流れを促進するための人間の本能的な動きです。これがスムーズに行われないと体の疲れが一部分に残ったり、熟睡できないといったことになります。そのため、寝返りを打つのに邪魔にならない軽さが掛け布団には必要になります。布団によっては構造的に寝返りを打ちやすくしているものもあるようです。

 

睡眠の邪魔をしない掛け布団3 通気性

保湿力と両立するのは難しいかもしれませんが、通気性も重要な要素です。寝ている間に人は暑いと思えば布団をはいでしまいますし、寒いと思えば布団に丸まって体に余計な力を入れてしまいます。これはそうした経験を体が覚えていって習慣化されているものなのですが、通気性の優れた布団であれば問題ありません。通気性が優れていれば布団の中の熱を快眠に適した分だけ残し、不必要な熱を排除することができます。これができないと人は寝苦しさを感じ、安定を求めて必要以上に体を動かすことになります。

 

 

こうした機能を考えてみるとやはり、いい布団をこだわればこだわる程に高級なものになっていきます。ですが、これらの点をおさえておけば単純に高級でなくてもいい布団に巡り合うことはできるかもしれません。

 

 

 

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2008/09/10-008200.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

安眠・快眠術に関する記事

フラワーエッセンスで安眠・快眠!フラワーエッセンスの使用法と効果

私が一番体調がすぐれないときにお世話になったのがフラワーエッセンスです。 夜寝...

より良い睡眠のために♪部屋の明るさは月明かりや星明りを参考にしよう

あなたは寝るとき、照明を消しますか?豆電球を付けたままですか?   子供のころ...


睡眠日誌には何を書けばよいの?

  睡眠障害の治療に役立つ睡眠日誌ですが、その細かい書き方や内容を見ていき...

睡眠薬には抵抗があるので漢方薬を飲みたい…と考えている場合に知っておきたいこと

睡眠薬というと副作用が強いイメージがあり、やめられなくなったり精神が破綻するので...

カラダノートひろば

安眠・快眠術の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る