カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 安眠・快眠の環境とは 音楽が体を睡眠に導く、フラワーエッセンスや部屋の明るさも影響する

不眠・睡眠障害

安眠・快眠の環境とは 音楽が体を睡眠に導く、フラワーエッセンスや部屋の明るさも影響する

 

日常的に耳にしている音楽は睡眠と深く関係していることが分かっています。音楽を聞くことで、穏やかに質の良い睡眠をとれることもあれば、それとは逆に音楽を聞くことで睡眠に悪影響を及ぼすこともあります。

 

不眠症に効果的な音楽

人が穏やかに睡眠に入るには、体がリラックスした状態になることが最も重要な要素の一つです。音楽が睡眠と関係するのはこの部分で、音楽を聞くことによるリラックス効果を得ることが質の良い睡眠につながります。人の睡眠には交感神経や副交感神経といった自律神経が深く関わっていて、副交感神経が優位に立つことによって脳や体がリラックス状態になり、脳や体が寝る方向へ向かって変化します。人によって効果的な音楽は多少違いますが、こうした作用が大きいのはクラシックやオルゴールなどの静かで穏やかな音です。基本的な音楽の方向は子守歌で、子守歌のようにゆったりとしたテンポの音楽であればクラシックに限らなくても効果が期待できます。

 

効果的でない音楽

逆に、子守歌とは逆の方向を向いている音楽はあまり適していない音楽です。逆というのは、アップテンポで激しい曲ということで、こうした曲の場合はたいていの人は精神が興奮状態になってしまって、交感神経の方が優位に立ってしまいます。そうするとリラックスとは真逆の効果になり、質のよい睡眠にはつながりません。たとえそれが自分が好む曲であったとしても、そうであるが故に気分が上がってしまいますので、入眠直前に聞くのは避けた方が良いでしょう。

 

ただし

ただしどんな曲であっても、その曲を聞いて心が落ち着くのであればその曲が適しています。心が落ち着く曲というのは好きな曲とは違います。あくまでも脳や体の機能をオフにさせる導入剤として使用するのですから、リラックスできるであるとか、無になれるだとかそういった基準で探してみてください。

 

睡眠を促す音楽は、寝る前の脳への程よい刺激でなければなりません。それを念頭に置いて自分に合った音楽を探してみてください。

 

熟睡するにはモーツァルトがおすすめ!

質の良い睡眠を得るには脳や体がリラックスした状態で入眠することが大切です。これに一役買うのが音楽によるリラックス効果で、この効果をもたらしてくれる音楽はクラシックなどが代表的です。そしてクラシックの中でも非常に効果的だとされるのがモーツァルトの曲です。

 

モーツァルトはヒーリング

小川のせせらぎの音や波の音などのいわゆるヒーリング音楽もリラックス効果が高いものとされています。モーツァルトの音楽の周波分析を行うと3500ヘルツ以上の高音が、小川のせせらぎなどにふくまれるゆらぎという音の特性とともに適切に含まれていおり、ヒーリング音楽と同じ性質を持ちます。また、音楽によくある変調が少なく、一定のリズムで音楽が奏でられます。ヒーリング音楽でもいきなり激しいリズムになったりすることはありませんよね。この点でも脳や体を無意味に刺激することにならず、規則的なリズムが脳と体を落ち着かせ、睡眠を妨げません。

 

α波

こうした音楽を聞くと脳にα波が出ます。α波は脳の活動を穏やかにさせていくようなリラックスモードの脳波です。脳は睡眠準備から睡眠に至るまでα波でリラックスモードに入り、θ(シータ)派でうとうとした状態になり、δ(デルタ)派で熟睡します。そのため睡眠に関してはα波やθ波、δ波が出るような音楽がよいのです。モーツァルトの楽曲は特にα波を出すものが多い曲調ですので、殊入眠に関しては非常に効果が期待されます。

 

特に弦楽器

弦楽器は複数の音がぶつかり合ってより高い音が生まれます。これが副交感神経を刺激することが分かっているので、こうした音を聞いていれば早ければ数分で入眠することができます。

 

実際、モーツァルトの楽曲は睡眠のみならず様々な疾患の治療にも使われていますし、医療分野だけでなく、学習に関する分野でも使われることがあります。ただし、あまりボリュームが大きすぎると神経が高ぶってしまい逆効果なので、音楽が背景的に聞こえるくらいの音量で聞くようにしましょう。

 

フラワーエッセンスで安眠・快眠!

フラワーエッセンスの使用法と効果私が一番体調がすぐれないときにお世話になったのが

フラワーエッセンスです。

 

夜寝ても疲れが取れず、日中の眠気も強かったのです。

そのとき、たまたまフラワーエッセンスに出会いました。

 

フラワーエッセンスとは?

花や木の成分を抽出した、アロマオイルとはちょっと違うものです。

摘んできた花を花が咲いていたその土地の水に浮かべ花のエネルギーを水にうつしたものです。

 

どんな効果があるの?

花のエネルギーというと、とってもスピチュアルな感じがしますが、医学的研究も始められています。

花の種類によって、効果は様々です。

花が持っているエネルギーによって、使った人への作用が違ってきます。

使う人との相性もあるようです。

 

どこで買えるの?

通販などでも買えるようですが、

自分の症状とか、相性、どのように改善したいか?といった深い理解が必要なので、私はカウンセラーの方に選んでもらってます。

取り扱いには資格が必要だそうです。

また、エッセンスが悪くならないようにアルコールも入っています。

そのため、酒類の販売資格も必要だと聞きました。

 

どうやって使うの?

飲み物に滴下して飲むこともできますしルームスプレーを作ったり化粧水に入れることもできます(アレルギー等に注意)

お風呂に入れると全身から取り入れられます。

 

眠りに効果的なフラワーエッセンス

モーニンググローリー(朝顔)

 朝と夜のバランスを良くしてくれるそうです。

ラベンダー

 精神的なダメージが体に出てきたときに有効です。

 

フラワーエッセンスは種類ごとにいろんなエネルギーを持っています。もちろん不眠だけではありません。

症状を緩和することはもちろん、不調の根本原因を突き止めることが大事なのです。

私はフラワーエッセンスの深い勉強はしていませんのであくまで紹介として読んで頂きますようお願いいたします。

そういうものがあるのだと知ることで、調べて生活に取り入れていくことも可能になっていくと思います。

 

もしかしたら、花のエネルギーは、あなたの手助けをしてくれるかもしれない。

そんな思いで書かせていただきました。

 

より良い睡眠のために♪部屋の明るさは月明かりや星明りを参考にしよう

あなたは寝るとき、照明を消しますか?豆電球を付けたままですか?

 

子供のころからの習慣で真っ暗にするか、蛍光灯の豆電球をつけて寝る人が多いのではないでしょうか。電気は点けっぱなしで、ゲームをもってベットに入り眠くなったらそのまま…という人がいましたが、それは質の良い睡眠をとるということを考えると最悪のパターンなんです。

 

寝るときの最適な照明は月明かり・星明かりと言われています。

 

メラトニンとは

これは寝ている時に多く分泌されるメラトニンという物質と関係があります。

メラトニンは人間が寝ている時に分泌され、質の良い眠りを作り出すために働くのです。そして、朝起きると活動を停止します。

 

メラトニンを作る時に朝か夜かを判断するためのものが光なのです。

 

よく眠れる明るさとは

昔の人は太陽が昇ると起きて、日が沈み暗くなると月明かりで寝たのでしょう。

今は電気のある生活をしていますが、やはり暗くならないとメラトニンの分泌が促されません。当然、真っ暗では寝付けないという人もいると思います。しかし、それだと夜中に起きた時に足元がちょっと危険ですよね。かといって、蛍光灯の豆電球の真下に寝ていたら明るすぎて眠れません。

 

そんな時は蛍光灯は消して、卓上ライトの豆電球を点け、遠くにおいてはいかがでしょうか?

 

また、ほんのり明るいライトや、ゆっくりと暗くなる調光の種類が豊富な照明も販売されているようです。夜中に目が覚めた時も、蛍光灯をいきなりつけるのではなく、コンセントに指し、足元だけ照らしてくれるような安全面も考慮した照明もあります。

 

暗くしてぐっすり眠って、朝は太陽が当たるように、明るさの工夫すると目覚めがよくなりますよ。

 

体温を下げて心地よい入眠へ!手が温かくなると体温が下がっている"しるし"です!

人は眠りにつくとき、体温が上がるでしょうか、下がるでしょうか。

よく赤ちゃんの手が温かくなってくると「眠たいんだね」と言いますが…。実際はどうなんでしょうか?

 

手が温かくなる=体温が下がる

体が寝る準備に入るときに手が温かくなるのは、子どもも大人も相違ありません。

手が温かくなるということで、寝るときは体の温度が上がると思う人もいますが、実際はその逆で体温は下がっています。

体温を下げる方法として手や足の末端から熱を放出しようとしているため、手が温かいと感じるのです。

つまり人がスムーズに寝るためにはこの体温変化が大切であって、寝つきが悪い人が寝つきをよくする為には、この体温変化を邪魔しない温度調節が必要になるのです。

 

必要以上に体温を下げると…

スムーズに眠りに入るためには体温を下げればよいということで、積極的に体温を下げればよいのかというとそうではありません。

入眠に必要な体温変化以上に体温を下げてしまうと、今度は体が危機感を感じて体温を上げる方に働いてしまうのです。そうすると入眠とは逆のことをしていることになり、眠れなくなってしまいます。

冬は温かい布団の中にいても体が勝手にうまく体温調節をしてくれますので、逆に部屋の温度が低すぎて体が冷えすぎないように気を配る方が賢明ですし、夏はエアコンで体が冷え過ぎないようにドライ機能などをうまく使う方がよいでしょう。

 

厳密に温度を気にしなくても…

では部屋の温度や、布団の温度は何度がいいのかという話になりますが、厳密に何度が良いと決めてしまうより、自分が心地いいと感じられる温度を探すのが最もよいでしょう。

温かい方がいい、寒い方がいいと極端に考えず、これくらいの温度が心地いいというポイントを見つけておけば寝つきよく、スムーズに入眠できます。

 

温度調節は布団に入った瞬間ではなく、眠りについたときの心地よさで考えてみてください。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2008/05/26-004500.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-26掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

安眠・快眠術に関する記事

安眠に効果的な方法とは?睡眠導入剤の効果・副作用・飲みあわせについて知っておこう!

   単に睡眠薬と言ってもすべてが同じ効果を持ち、同じ作用をしてくれるわけでは...

胃腸も休める睡眠をとりたい!寝る前には胃腸に食べ物を入れないで

寝付きをよくするポイントとして意外と忘れられがちなのが寝る前の食事です。 ...


空腹で眠れない時は…いっそ食べちゃおう!安眠に効果アリ!な食べ物

眠る前にものを食べると消化器が働くことによって眠れなくなります。ですが、お腹...

安眠、快眠のための就寝前のカンタンストレッチ

      やってみよう!寝付きを良くする就寝前のカンタンストレッチ 寝付き...

カラダノートひろば

安眠・快眠術の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る