カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. てんかん >
  5. てんかんは何歳くらいで発症する?

気になる病気・症状

てんかんは何歳くらいで発症する?

てんかんという病名は聞いたことがあるという方も多いはずです。てんかんは発作が起きるのが特徴の病気で、脳内の神経細胞のみだれが引き起こす病気と言われています。

 

●てんかんの8割は18歳以下で発症

てんかん患者は日本国内だけでも50-60万人はいると言われていますが、そのうち8割は18歳以下で最初の発作を起こしていると考えられています。当然全身発作や部分発作を起こす子供を見て、親が心配して病院に連れていったらてんかんと発覚する場合が多いようです。

 

残りの2割については大人のてんかんですが、大人になって急にてんかんになるよりも、脳に障害が起きてその影響でてんかんになる場合がほとんどです。例えば年を取ってきて脳の血管が弱り、脳出血や脳梗塞などを起こしたことでてんかんが付随するなどです。

 

●難治性てんかんは少ない

てんかんの発作が起きると最初は周囲も慌ててしまいますが、慣れてくると周囲も本人もてんかんの発作に正しく対処できるようになります。

 

薬物治療を行ったり、自分自身で発作の前兆を感じ取ったりといった工夫で、てんかんでも問題なく過ごせるようになる方が多いです。

 

てんかん患者の全体からみると、てんかんを上手くコントロールできるのは大体8割で、残りの2割が難治性てんかんという、なかなか治らないてんかんです。

 

てんかんの発症年齢はその8割が18歳以下で、初めててんかん発作を起こすのは子供のときという方が圧倒的に多いです。大人のてんかんの場合は脳障害の後遺症、関連疾患となる場合が大半です。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/]) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

てんかんに関する記事

難治性てんかん治療に有効?「修正アトキンス食」よりも易しい「スーパー糖質制限食」とは

近年の岡山大学の研究で、てんかんへの「ケトン食療法」の作用機序が解明され、抗てん...

薬の継続が大切!大人のてんかん治療の注意点

一般的に大人のてんかんの完治は難しいとされています。てんかんは脳に異常があるこ...


抗てんかん薬デパケンの副作用「脱毛症」、L-カルニチンで抑制できる可能性がある?

抗てんかん薬の一種であるデパケン(バルプロ酸)の副作用にはアンモニア血症から脱毛...

突然起こるてんかん発作~こんな症状がでたときの対応の仕方は?

  てんかん発作が起こると突然意識を失ったり、体の一部がけいれんしたりします。...

カラダノートひろば

てんかんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る