カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. ヘルニア >
  4. 予防 >
  5. 腰痛の原因はヘルニアではないかも!?間違いだらけのヘルニア知識

関節痛・腰痛

腰痛の原因はヘルニアではないかも!?間違いだらけのヘルニア知識

 

 椎間板とは背骨同士がぶつかりあわないようにクッションの役目をしているもので、それが飛び出してしまったものを椎間板ヘルニアと言います。

 

※ヘルニアとは脱出、飛び出す、という意味です。

 

 

今までの椎間板ヘルニアの考え方

これまでは脱出した椎間板が神経を圧迫する事によって痛みが出ると考えられてきました。

そして一度脱出したヘルニアは手術で取り除かない限り元に戻る事はないとも言われていました。

 

しかし、

必ずしも脱出側に痛みやしびれなどの神経症状が出ない事

手術でヘルニア部分を取り除いても痛みが消えるとは限らない事

正常な神経根を圧迫しても痛みは発生しない事

レントゲン上の画像所見と痛みの度合いは比例しない事

といった上記の疑問点は取り沙汰されてました。

 

 

MRIの普及

そしてMRIが一般的に普及するようになり、誰もがより気軽に画像検診を受けることが出来るようになりました。

その結果、壮年者ではまったく症状がなくても76%の人にヘルニアが存在していることが分かりました。

これは、年と共に椎間板の水分含有量が減ってくるからです。肌や髪の毛も年を取ると潤いが無くなり乾燥するのと同じです。 

 

そしてヘルニアは自然退縮(自然に消失)することも分かっています。

 

ヘルニア患者の5%

実際に椎間板ヘルニアが原因で腰下肢痛を生じている人は、椎間板ヘルニアと診断された方の1~5%程度だと言われています。

日本では病名がないと保険がおりないからです。

 

手術が必要な椎間板ヘルニアしては、急に下肢筋力が低下した、便や小便が勝手に漏れる、下肢の感覚障害が現れると言うものです。

 

 

まとめ

椎間板ヘルニアの診断を受け、腰を庇い恐る恐る暮らしている方、手術をしても良くならなかった方、貴方の腰痛の原因はヘルニアではないかもしれません。 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/11-375008.php?category=266)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

ヘルニア予防に自分の生活を見直そう!そのポイントとは?

      ヘルニアを発症後、痛みがひどい場合はまず安静にしなくてはなりません...

『歩く』腰痛予防法!!

歩くことで腰痛が予防できる? 『歩く』事は身体の全身運動で、健康に良い事は誰で...


腰椎椎間板ヘルニアの治療(1)温存療法

  腰椎椎間板ヘルニアの治療には大きく分けて2つ、「手術療法」と手術をしな...

椎間板ヘルニアを予防するために気をつけること4つ!

椎間板ヘルニアを発症すると、今までの生活が変わり、出来ていたことが出来なくな...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る