カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 滲出性中耳炎 >
  5. ティンパノメトリー?聴力検査?滲出性中耳炎の検査方法

気になる病気・症状

ティンパノメトリー?聴力検査?滲出性中耳炎の検査方法

 

滲出性中耳炎の疑いがあるときには2種類の検査で滲出性中耳炎かどうかを確かめます。

1つが聴力検査、もう1つがティンパノメトリーという検査で、どちらの検査も耳鼻科で行える検査です。

 

●滲出性中耳炎を確かめる聴力検査

聴力検査では左右別々に検査を行います。両方の耳で検査すると片方のみに起きている異常を見逃す可能性があるからです。

学校などで一度は聴力検査を受けたことがあるという方も多いと思いますが、滲出性中耳炎の場合も同じです。

音の強さ、高さ、低さなどをしっかりと聞き分けられるかどうかをチェックする検査で、4歳以上であれば検査結果の信頼度も高いです。

3歳までは検査への集中力や検査指示がわからないなどの問題もあります。

 

●ティンパノメトリーって?

聴力検査に比べるとマイナーな検査とも言われるティンパノメトリーは耳の中に機械を入れて鼓膜を見る検査です。耳の中に入るような小さな測定器を外耳道に密着させます。

これで耳の中には測定器を通してのみ空気が入るようになり、測定器で気圧を変えていきます。

鼓膜の動きやすさをグラフ化したものがあるので、それに合わせて滲出性中耳炎がどれほど進んでいるかがわかります。

 

●その他の検査も

基本的には滲出性中耳炎の検査は聴力検査とティンパノメトリーで行いますが、原因究明のためにほかの検査をする場合もあります。

滲出性中耳炎がほかの病気から来ている可能性もあるからです。アデノイド検査、アレルギー検査などが一般的で、耳鼻科以外で検査をすることもあります。

 

滲出性中耳炎の検査は聴力検査とティンパノメトリーが主です。聴力検査は4歳以上では正確な結果が出やすいです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349508.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

滲出性中耳炎に関する記事

滲出性中耳炎の薬物治療~よく使われる薬とは?鼓膜切開って何?~

  滲出性中耳炎の治療には薬物を使った治療もあり、さまざまな薬が使われます。 ...

気をつけて!子どもに多い!滲出性中耳炎

そもそも滲出性中耳炎とは、鼓膜よりもさらに奥の中耳腔という場所に液体がたまる中耳...


滲出性中耳炎と診断されたら、どうすればいい?

そもそも滲出性中耳炎とは、鼓膜よりもさらに奥の中耳腔という場所に液体がたまる中耳...

難聴の可能性大!成人の滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは そもそも滲出性中耳炎とは、鼓膜よりもさらに奥の中耳腔という場所...

カラダノートひろば

滲出性中耳炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る