カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 歯ぎしり >
  4. 歯ぎしりの治療は何科で行う?

不眠・睡眠障害

歯ぎしりの治療は何科で行う?

 

歯ぎしりは睡眠障害からくる症状の一つと考えてよいものですが、歯ぎしりを発症すると歯ぎしり自体が睡眠に悪影響を与えるものになり、その上物理的に歯の欠損や歯の病気、顎関節の症状、ひいては全身的な症状にまで広がる可能性があります。

 

 

歯ぎしりは歯科?

歯ぎしりは自分でも周囲からも発見しにくいものですが、何かしらの症状から歯ぎしりを発見できたのであればまずは歯科を受診するのがベストだと思います。歯ぎしりの可能性を伝えれば歯ぎしりの影響が歯にどの程度、どのように出ているかを確認してもらえます。その後、歯ぎしりの原因がストレスによるものであると推定されるのであれば、心療内科や精神科を受診が必要になることもあります。

 

歯ぎしりの治療は

物理的な歯ぎしりの治療は歯科で行われ、スプリントと言うマウスピースで行われるのが基本です。特にストレスなどが原因で歯ぎしりが起こっているときは治るまでに時間がかかりますから、その間歯ぎしりによって起こる悪影響を少なくすることが必要です。ほとんどの場合は歯科への定期的な通院で治療が行われますが、ストレスが原因の場合はそれに対した治療も別に必要になります。

また、マウスピースは一般的に保険適用ですので、価格は5000円前後です。ただし、医師の治療方針や、病院によっては保険適用外になることも考えられますので、確認しておくことが重要です。

 

安易に削らない

歯ぎしりはかみ合わせの悪さで引き起こされている可能性もあります。中には歯を削ってかみ合わせを治療する方法もあるのですが、安易にかみ合わせを改善しようと歯を削ることはおススメできません。なぜならばかみ合わせは歯の凹凸だけではなくそれを支える筋肉の緊張状態によっても変わります。そのため第一に考えるべきはそうした筋肉の改善です。また、現段階では歯のかみ合わせが歯ぎしりの原因と確定されているわけではないので、これで改善するだろうという考えの下で治療を進めることになり、一層慎重に治療を進めることが必要です。

 

 

ストレスが原因と考えられる場合は、そちらが根本的な解決方法になりますから、ストレスの自覚がなくても一度は受診してみるのがよいかもしれません。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/02/19-376448.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯ぎしりに関する記事

なぜ自分では歯ぎしりに気付かないのか?

  実は歯ぎしりは健康な人でも行っているものとされています。健康な人でも8時間...

【体験談】朝起きて口が痛い人は夜中に歯ぎしりをしているかも?歯ぎしりで不眠になるって本当?

歯ぎしりと不眠に悩んだ体験談です。それは数年前、疲れがとれない日々が続いていまし...


就寝中の歯ぎしりは脳を興奮状態に?歯ぎしりと不眠症の関係性

  人は活動中でも就寝中でも歯を合わせることによって脳が刺激を受けています。し...

歯ぎしりストップ!今日から始められる!簡単にできる3つの対策

  夜中に歯ぎしりがうるさかったと言われた、歯ぎしりで何回か同室の家族など...

カラダノートひろば

歯ぎしりの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る