カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. ヘルニア >
  4. 検査・治療 >
  5. ヘルニアの検査 問診だけでこんなに分かるの!?

関節痛・腰痛

ヘルニアの検査 問診だけでこんなに分かるの!?

 

 

激しい腰痛が持続すると腰部椎間板ヘルニアになってしまったのかなと思ってしまう事があります。

またいわゆるヘルニア持ちの方が腰痛を再発させた時に、それが本当にヘルニアから来るものなのかを以下の項目で簡単な絞り込みが出来ます。

 

 

安静時疼痛の有無

何もしてなくても痛むのか、ということです。

 

感染症やガンなどの場合は何もしてなくも痛みます。特に夜間痛がある場合は要注意です。

 

ヘルニアや腰痛では安静にすることによって症状が消えるか軽くなったり、ある動作や姿勢によって出現や悪化します。

 

 

発症に対する誘因の有無

重たいものを持ち上げてから痛い、転倒してから痛い、といった痛みが出始めたきっかけがあるかどうかです。

 

 

痛みの場所・性質

鈍い痛みなのか鋭い痛みなのか、限局した痛みなのかぼんやりと全体的に痛むのか、時間が経つにつれて痛みは増しているのは減っているのか、ということです。

 

 

間欠跛行の有無

短時間しか歩けずにすぐに休憩しなければいけない状態のことです。

 

歩くと出現して休憩すると消失・軽減する場合はヘルニアや脊柱管狭窄症が疑われます。

休憩しても変わらない場合は閉塞性動脈硬化症などが疑われます。

 

 

直腸膀胱障害の有無

残尿感、便秘、失禁、男性なら勃起障害が現れている場合には緊急を要します。

すぐに救急車を呼んでください。

 

既往歴の有無

ガン精神疾患などの既往があるのかを聞きます。

 

発熱の有無

感染症など炎症を起こしている時には発熱します。

 

 

まとめ

専門の医師でも最も大切なのはまずは問診をきっちりすることだと言われています。腰が痛いからといってヘルニアとは限らないので油断は禁物です!

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/03/04-358665.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

ヘルニアの検査方法って? ~テンションサインを診る

     機械を使わない徒手検査によって腰部椎間板ヘルニアであるかを検査する...

椎間板ヘルニア治療 どんな手術がある?

    椎間板ヘルニアによって直腸膀胱障害がある、高度の麻痺を伴う、といった...


椎間板ヘルニアかどうか検査するときは深部腱反射を目印に?

椎間板ヘルニアによって神経根が圧迫されていると、深部腱反射は減弱もしくは消失し...

神経ブロックが効かない難治性腰痛に効果!『エピドラスコピー』手術とは?

慢性腰下肢痛の治療は、主なものとして『薬物療法』『光線療法』『神経ブロック療法...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る