カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. 口腔ケア >
  6. 味覚障害の原因とは!?高齢者の味覚障害と口腔トラブル

介護・認知症

味覚障害の原因とは!?高齢者の味覚障害と口腔トラブル

 

味覚障害を引き起こす原因で、亜鉛不足と並んで多いのが、口腔の変化です。主にどのような口腔内の変化から味覚障害にいたるのでしょうか。

 

 

口腔乾燥(ドライマウス)

高齢者に多い口腔の変化のうち、味覚障害の最も大きな原因だと考えられます。

唾液には食物を分解し、味の分子を溶かす作用があります。

加齢や薬の副作用によって唾液の分泌が減少すると、十分に味を感じられません。

 

 

口腔ケアが不十分

しっかり味わって食事をするためには、口腔の健康が大切です。

虫歯や義歯が合わないといったトラブルがあると不快感が強く、十分に咀嚼することもできません。

良く噛むことで唾液の分泌も促されるので、スムーズな咀嚼は大切なポイントです。

ビタミンの欠乏による口内炎も、咀嚼を妨げます。

 

 

 

舌のトラブル

味蕾細胞は舌の表面に存在するため、舌のトラブルは味覚障害につながります。高齢者に多いのが、舌の表面を覆う「舌苔」

舌を出した時、舌の表面が白や薄い黄色に見えるようなら舌苔です。

味蕾細胞も覆ってしまうため、味を感じにくくなります。

舌に炎症を起こす「舌炎」も、味覚障害の一因です。舌や口腔粘膜が赤く腫れ、痛みを伴うのが主な症状です。舌炎があると、舌苔を生じやすくなります。

 

舌炎の原因は、ウィルス感染、刺激物の過剰摂取、ビタミンB不足、胃腸障害、ストレスによる自律神経の乱れ、ホルモン異常などさまざまです。

貧血から舌炎を起こす場合もあります。

 

 

高齢者の味覚障害は、いろいろな要因が重なり合って起こる場合もあります。

また、味覚障害の裏に糖尿病・肝臓病・腎臓病・胃腸障害・うつ病といった、別の病気が潜んでいる恐れもあります。「年だから」と思わず、受診をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/26-349447.php)

 

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口腔ケアに関する記事

自分の歯を大切に!口内から健康を守る「8020運動」とはどんなもの?

  「8020運動(はちまるにいまるうんどう)」を知っていますか? これ...

加齢に伴う口内環境の変化とは~歯・唾液・味覚について~

  加齢は、外見や運動能力などあらゆる面に変化を及ぼします。口の中も、例外...


高齢者の口腔ケア介助法~ベッドで行う場合

  高齢者の口腔ケアを介助する際、座位をとれない高齢者の場合は、特別な配慮...

高齢者の口腔ケア介助法~義歯のお手入れ

  高齢者の口腔ケアでは、義歯(入れ歯)の手入れも重要です。義歯の扱い方と...

カラダノートひろば

口腔ケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る