カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. その他 >
  6. 亜鉛補給で高齢者の味覚障害を解消しよう

介護・認知症

亜鉛補給で高齢者の味覚障害を解消しよう

 

高齢者の味覚障害改善のため、意識したいのが亜鉛です。

亜鉛不足が味覚障害の一因になっている高齢者は多く、亜鉛の摂取が不可欠です。

毎日の生活に亜鉛を取り入れるため、亜鉛が豊富な食品などを紹介します。

 

 

亜鉛が必要な理由

舌の表面にある味蕾細胞が新陳代謝で入れ替わる際、亜鉛が必要になります。亜鉛が足りないと味蕾細胞の数が減少したり、機能が低下して味覚障害を起こします。

1日の亜鉛必要量は、15mg。まとめて摂取するのではなく、毎日コツコツ摂りましょう。

 

 

亜鉛が豊富な食品

◆魚介類アサリ・カキなど貝類、うなぎ、イカナゴ、ししゃもなど。大きめのカキなら、2粒で16mgの亜鉛を摂取できます。

 

◆海藻類海苔、わかめ、ヒジキ、アオサ、昆布など。味噌と合わせて、味噌汁で食べると効果がアップします。

 

◆肉類豚や牛のレバー、牛ロース、コンビーフなど。特に牛肉の含有量が高いです。

 

◆豆類:大豆の含有量が高く、高野豆腐・きな粉・油揚げ・湯葉・納豆など大豆加工品もお勧めです。小豆・ひよこ豆・えんどう豆・おたふく豆も亜鉛を含むので、オヤツに豆を使った和菓子を食べるのも良いでしょう。

 

◆その他アマランサス、押麦など雑穀類からも亜鉛を補給できます。食べやすく数種類の雑穀をブレンドしたものが売られていますので、白米を炊くときに混ぜると手軽です。胡麻・松の実・カシューナッツ・クルミなど種実類は、サラダや和え物にトッピングして食べると良いでしょう。

 

 

亜鉛剤

さまざまな制約から食事の改善が難しい高齢者、服薬の影響で亜鉛が排出されやすい高齢者なら、医師から亜鉛剤を処方してもらうことをお勧めします。

 

 

亜鉛不足からの回復には、1~3ヶ月はかかるといわれます。気長に取り組むことが大切です。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/08/20-367502.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

サルコぺニア診断における筋肉量の測定法

  主に加齢によって引き起こされる筋量の低下を指す、サルコぺニアは、診断方法や...

全部で原因は4種類!原因別サルコペニア治療法について

  筋量や筋力の低下が認められて、サルコぺニアであると診断された場合、サルコぺ...


サルコペニア対策に!筋肉増加・強化に欠かせない必須アミノ酸

  近年隠れ肥満として少しずつ知られるようになってきたサルコぺニア肥満というも...

筋肉の減少・サルコぺニア…筋トレ

   加齢による筋肉減少を意味する用語としてサルコぺニアという言葉があります。...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る