カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. >
  6. 何が原因?高齢者の睡眠障害

介護・認知症

何が原因?高齢者の睡眠障害

 

不眠症など、睡眠にまつわる病気を「睡眠障害」と呼びます。

加齢によって眠りが浅くなりがちな高齢者は、睡眠障害を起こしやすくなっています。高齢者に多い睡眠障害の原因をまとめました。

 

 

体の不調

痛みや痒みなどから眠れない、夜中に何度も目が覚めてしまうことから睡眠障害になります。

関節疾患による節々の痛み、心疾患が引き起こす胸苦しさ、前立腺肥大からくる夜間頻尿などが多いようです。

高齢者は肌が乾燥しやすく、皮膚掻痒症などで痒みから眠れない場合もあります。

 

 

服薬の影響

持病の治療薬の副作用で、日中に眠気を催してしまい、夜に眠れなくなることがあります

服薬により覚醒、興奮して夜間に異常行動をとる高齢者もいます。

 

 

心の不調

うつ病は昼夜逆転の生活になりやすく、治療薬による睡眠障害の可能性もあります。うつ病の発症はなくても、親しい人との死別、体調への不安などからストレスが溜まりやすく、睡眠の質にも影響を与えます。

 

 

認知症

認知症の高齢者は夜間せん妄など異常行動のほか、深夜の徘徊・昼夜逆転・治療薬の副作用など、他の高齢者よりも睡眠障害にかかる率が非常に高くなります。

 

 

生活の変化

長く勤めていた勤務先を退職、家事の切り盛りをお嫁さんに任せるといった生活の変化も、睡眠障害につながります。

行動範囲が狭くなり、日常生活が不活発だと刺激や適度な疲労感もなく、張合いもありません。

日中を何となくぼんやり過ごしてしまい、夜になっても眠気を感じられなくなってしまいます。

 

 

持病の有無にかかわらず、高齢者は日常のちょっとしたきっかけで睡眠障害を起こしやすくなっています。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/10/12-009213.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳に関する記事

高齢者と睡眠薬 薬の種類と服薬の際の注意点!

  高齢者の睡眠障害を改善するため、睡眠薬が処方されることがあります。睡眠...

「考える」「覚える」力が衰える!脳の老化を防ぐにはオメガ脂肪酸を!

  歳を重ねて生じる「物忘れ」は、脳の老化が原因ではないかと言われています。「な...


どうすればいい? 認知症の睡眠障害対策

  解消が困難な認知症の睡眠障害を和らげるためには、どんな方法があるでしょ...

新しくなった運転免許更新の新検査

  自動車を運転するということは、それなりの判断力を持っていなければなりません...

カラダノートひろば

脳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る