カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. 皮膚 >
  6. 高齢者の皮膚問題! 起こりやすいトラブルって?

介護・認知症

高齢者の皮膚問題! 起こりやすいトラブルって?

 

加齢によって皮膚は刺激に弱くなり、トラブルを起こしやすい状態です。高齢者に多い皮膚のトラブルには、どんなものがあるでしょうか。トラブルの原因ごとにまとめました。

 

 

オムツ

オムツを使用している高齢者は、蒸れや汚れでオムツかぶれに注意が必要です。

尿に含まれるアンモニアは特に刺激が強く、長時間オムツ交換をしないと容易に皮膚が負けてしまいます。

オムツかぶれは、しばしばカンジタ症を併発します。

 

 

乾燥

高齢者の皮膚は非常に乾燥しているため、角質層がめくれてはがれやすくなっています。多くの高齢者は、老人性乾皮症の状態です。

極度の乾燥は痒みをもたらし、老人性皮膚掻痒症に悩まされる高齢者もたくさんいます。

皮脂の分泌量も減るため、皮脂欠乏性皮膚炎も心配です。

 

 

薄くなった皮膚

皮膚を構成する表皮や真皮がそれぞれ薄くなり、ささいな衝撃でも皮膚がダメージを受けます。軽く腕をつかんだりぶつけただけでも大きなアザができる老人性紫斑、皮膚が破けるように剥がれて出血する老人性皮膚委縮を起こしやすくなります。

 

 

主に真菌というカビが皮膚に感染・寄生して、さまざまなトラブルを生じます。白癬菌が原因の水虫は、特に多い皮膚疾患です。カンジタも目立ちます。

 

 

ダニ

ダニの寄生によって強い痒みや湿疹が起ります。最も痒みが強く、感染力が強いのは、ヒトヒゼンダニによる疥癬です。免疫力が低下している高齢者が発症しやすく、高齢者施設などで爆発的に感染が広がるケースもあります。

 

 

高齢者の皮膚は、もともとトラブルを生じやすい状態であるのに加え、オムツや免疫力低下といった他の要因も重なることで、さらに皮膚トラブルの危険が高まります。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/18-382221.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚に関する記事

単なる乾燥肌ではない!高齢者の身近な皮膚疾患、老人性乾皮症?

  「もう年だから、皮膚が乾燥するのは当たり前」と思っていませんか? し...

このアザは何?簡単にアザができてしまう、老人性紫斑

  どこかにぶつけた覚えがないのに、高齢者の体にアザができていたことはありませ...


痛みを抑え、掻きむしるのを防ぐ!老人性乾皮症の治療薬!

  老人性乾皮症の治療では、症状に合わせて塗り薬を中心に使用します。主な薬...

高齢者のオムツかぶれを防ごう~原因編

オムツを使用している高齢者に多い皮膚トラブルが、オムツかぶれです。オムツかぶれ...

カラダノートひろば

皮膚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る