カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. 皮膚 >
  6. なぜ高齢者の皮膚は乾燥しやすい?

介護・認知症

なぜ高齢者の皮膚は乾燥しやすい?

皮膚の乾燥は、高齢者にとってあらゆる皮膚トラブルの元凶といっても過言ではありません。生活習慣・生活環境も皮膚の乾燥に影響を与えています。

 

高齢者の皮膚が乾燥する原因を挙げます。

 

加齢

高齢者の皮膚の水分量は、若い人よりも30%低下するといわれます。皮膚の保水機能に関わるセラミドという物質の生成が低下するのも一因です。

 

皮脂は肌表面を覆って水分の蒸散を防ぐ保護クリームのような役割を果たしていますが、皮脂の分泌も減るため、さらに乾燥が進みます。

 

 

空気の乾燥

秋から冬にかけては空気が乾燥するため、高齢者の皮膚も乾燥がひどくなります。冬は老人性乾皮症、老人性皮膚掻痒症といったトラブルが多い時期です。さらに、室内の空調にも左右されます。エアコンなど暖房器具でも室内が乾燥します。

 

高齢者の皮膚のためには、湿度60%くらいが望ましいといわれます。コタツに入りっぱなし、長時間電気毛布を使用する場合にも、皮膚の乾燥を促してしまいます。

 

入浴

皮膚を清潔に保つため、入浴は欠かせません。しかし、入浴が皮膚の乾燥を悪化させることもあります。

 

石鹸をたくさん使う、アカスリでゴシゴシ体を強くこすると、皮脂を過剰に取り除いてしまいます。皮脂が取り去られた皮膚は、水分がどんどん蒸散してしまいます。

 

熱すぎる湯船も角質層を傷め、乾燥した皮膚の表面がポロポロとめくれる原因になります。望ましい湯温は39℃ですが、熱いお湯が好きな高齢者は、42℃前後の湯温をちょうど良いと感じるようです。

 

湿度や入浴法などカバーできる部分を日常生活の中で工夫することが、皮膚の乾燥予防には欠かせません。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚に関する記事

高齢者のオムツかぶれを防ごう~原因編

オムツを使用している高齢者に多い皮膚トラブルが、オムツかぶれです。オムツかぶれ...

老人性乾皮症を改善する4つのアプローチ

  老人性乾皮症を改善するためには、さまざまなアプローチが必要です。症状や...


高齢者の皮膚トラブル 皮膚に起きる特徴と変化

高齢者の外見で、若い人と最も異なるのは皮膚(肌)ではないでしょうか。皮膚の状...

このアザは何?簡単にアザができてしまう、老人性紫斑

  どこかにぶつけた覚えがないのに、高齢者の体にアザができていたことはありませ...

カラダノートひろば

皮膚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る