カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. なぜ高齢者の皮膚は乾燥しやすい? 高齢者に多い「帯状疱疹」治療のポイント

介護・認知症

なぜ高齢者の皮膚は乾燥しやすい? 高齢者に多い「帯状疱疹」治療のポイント

皮膚の乾燥は、高齢者にとってあらゆる皮膚トラブルの元凶といっても過言ではありません。生活習慣・生活環境も皮膚の乾燥に影響を与えています。

 

高齢者の皮膚が乾燥する原因を挙げます。

 

・加齢

高齢者の皮膚の水分量は、若い人よりも30%低下するといわれます。皮膚の保水機能に関わるセラミドという物質の生成が低下するのも一因です。

 

皮脂は肌表面を覆って水分の蒸散を防ぐ保護クリームのような役割を果たしていますが、皮脂の分泌も減るため、さらに乾燥が進みます。

 

・空気の乾燥

秋から冬にかけては空気が乾燥するため、高齢者の皮膚も乾燥がひどくなります。冬は老人性乾皮症、老人性皮膚掻痒症といったトラブルが多い時期です。さらに、室内の空調にも左右されます。エアコンなど暖房器具でも室内が乾燥します。

 

高齢者の皮膚のためには、湿度60%くらいが望ましいといわれます。コタツに入りっぱなし、長時間電気毛布を使用する場合にも、皮膚の乾燥を促してしまいます。

 

・入浴

皮膚を清潔に保つため、入浴は欠かせません。しかし、入浴が皮膚の乾燥を悪化させることもあります。

 

石鹸をたくさん使う、アカスリでゴシゴシ体を強くこすると、皮脂を過剰に取り除いてしまいます。皮脂が取り去られた皮膚は、水分がどんどん蒸散してしまいます。

 

熱すぎる湯船も角質層を傷め、乾燥した皮膚の表面がポロポロとめくれる原因になります。望ましい湯温は39℃ですが、熱いお湯が好きな高齢者は、42℃前後の湯温をちょうど良いと感じるようです。

 

湿度や入浴法などカバーできる部分を日常生活の中で工夫することが、皮膚の乾燥予防には欠かせません。

 

単なる乾燥肌ではない!高齢者の身近な皮膚疾患、老人性乾皮症?

「もう年だから、皮膚が乾燥するのは当たり前」と思っていませんか?

 

しかし高齢者の場合、単なる乾燥肌では納まらず、皮膚疾患へとつながる恐れがあります。

老人性乾皮症は、高齢者にとって最も身近な皮膚トラブルです。

 

老人性乾皮症とは

加齢や生活習慣によって皮膚の水分や皮脂が減少し、ひどい乾燥肌の状態が老人性乾皮症です。空気が乾燥する秋から冬にかけて発症・悪化します。

 

好発部位は、下肢(特にすね)・腰回り・前腕です。

 

【症状】

皮膚表面が乾燥して角質がめくれやすくなります。

皮膚のキメが粗くなり、うろこ状やひび割れのように見えることもあります。

 

剥がれた角質が、フケのようにポロポロと落ちたり、皮膚表面が粉をふいたように見えるのが特徴です。多くの場合、強い痒みを伴います。

 

【原因】

加齢によって皮膚を構成する細胞間脂質(セラミド)・尿素など保湿因子が減少し、皮膚がもつ保水能力が低下します。

そのため、若い人に比べて高齢者の皮膚は約30%も水分が少ないといわれます。

 

さらに皮膚表面を膜のように保護し、水分の蒸散を防いでいる皮脂の分泌量も低下するため、さらに乾燥が加速します。

 

また、服による摩擦、入浴時の洗いすぎと熱すぎる湯船、暖房器具など生活環境・生活習慣も、老人性乾皮症の大きな要因です。

 

【影響】

強い痒みによって、日常生活に支障をきたします。

特に就寝時に痒みが気になる高齢者が多く、スムーズな入眠を妨げます。

 

無意識のうちに強く掻いてしまうため、皮膚の書き壊しから老人性皮膚掻痒症、皮脂欠乏症皮膚炎にいたることもあります。

 

高齢者に多い乾燥肌だと軽く考えず、早目に皮膚科を受診しましょう。

早期治療がカギ!老人性乾皮症から派生する各種の皮膚疾患

 

老人性乾皮症は多くの高齢者に見られる症状で、加齢による生理的な変化です。しかし悪化すると、長期の治療が必要な疾患となります。

 

老人乾皮症から派生する皮膚疾患には、次のようなものがあります。

 

・老人性掻痒(そうよう)症

老人性乾皮症がひどく、乾燥した皮膚の角質層がめくれて粉をふいたように白くなったり、うろこ状にひび割れたようになると、強い痒みを生じます。これが老人性掻痒症です。

 

皮膚のキメが粗くなり、外部の刺激が角質層の隙間から表皮に届くことが痒みの原因です。非常に強い痒みのため、無意識で絶えず皮膚を掻いてしまう高齢者もいます。掻き過ぎて、さらに症状が進行する悪循環に陥ります。

 

・皮脂欠乏性皮膚炎

痒みだけではなく、皮膚の炎症を伴う状態です。皮膚表面が赤く盛り上がったように見えます。掻き壊しだけではなく、入浴時にナイロン製の浴用タオルで強くこすったり、化学繊維の衣類との摩擦でも起こります。

 

・皮脂欠乏性湿疹

老人性乾皮症の痒みから、掻いていた部分が赤く腫れ、さらに湿疹ができてしまいます。小さな湿疹が広い範囲に生じたり、盛り上がった大きめの湿疹が数個単位でできたりと、湿疹の形状はいくつかあります。

 

コイン状の円くて直径数センチの赤い貨幣状湿疹もみられます。繰り返し掻き壊し、そこから細菌に感染する恐れもあります。

 

皮脂欠乏性皮膚炎・皮脂欠乏性湿疹までいたると、ステロイド剤の塗布や抗ヒスタミン剤の服用が必要になってきます。できるだけ早い段階で、老人性乾皮症を改善しておくことがポイントです。

 

痛みを抑え、掻きむしるのを防ぐ!老人性乾皮症の治療薬!

老人性乾皮症の治療では、症状に合わせて塗り薬を中心に使用します。主な薬をまとめました。

 

【塗り薬(外用薬)】

予防の段階から、掻き壊して炎症に移行した場合まで、次のような塗り薬を用います。

 

◆予防~軽度 

・白色ワセリン軟膏

皮脂を補い、皮膚の水分を保持します。

 

刺激が弱いため、高齢者のデリケートな肌にも安心して使えます。使用感はややベタつきます。皮脂の分泌が減少した高齢者の皮膚に塗ると、水分の蒸散を防ぐことができます。

 

老人乾皮症を発症しやすい秋から冬にかけて、予防として入浴後に白色ワセリンを塗布しても良いでしょう。

 

◆軽度~中度 

・尿素軟膏

角質層の水分を保ちます。皮膚の水分保持に関わる尿素の量が加齢とともに減少するため、軟膏で補います。

尿素には角質の溶解作用もあるため、ガサガサになった角質を柔らかくします。

 

・へパリノイド製剤

水分を保持する作用がとても強く、保湿剤の役割をします。血行を改善するはたらきもあるため、皮膚の新陳代謝を促します。

 

◆中度~重度 

・副腎皮質ステロイド外用剤

抗炎症剤です。老人性乾皮症が悪化し、掻き壊した部分に炎症がおきたり、湿疹が見られる場合に使います。ステロイド外用剤は効き目が強いため、塗布する量や場所、期間に注意が必要です。炎症や湿疹が治まるまで、限定的に使われます。

 

【内服薬】

老人性乾皮症の治療は塗り薬が基本ですが、痒みが酷くて睡眠に支障をきたすようなケースでは、内服薬も処方されます。

 

・抗ヒスタミン剤:痒みで眠れない時に処方されることが多い薬です。薬の副作用として、眠気をもよおします。

 

・抗アレルギー剤:痒みを和らげる、予防する作用があります。眠気をもよおす副作用は、あまりありません。

 

症状に合わせて、適切な薬を使用しましょう。痒みを抑え、掻き壊しを防ぐことが大切です。

 

 

高齢者に多い「帯状疱疹」後遺症はあるの?高齢者における治療のポイント

 「帯状疱疹」と呼ばれる病気をご存じでしょうか? 痛みをともなう皮膚疾患の代表ともいえる「帯状疱疹」。

帯状疱疹は、ウイルスによる感染症で、原因となるのは、水ぼうそうのウイルスです。

そのため、子どもの病気と思われがちですが、実は高齢者にもよく見られる病気。

若年者にくらべて体力や抵抗力が弱い高齢者は、重症化するリスクが若年者より高く、とくに注意が必要です。

今回はそんな帯状疱疹について、高齢者の場合にとくに焦点を当ててまとめていきます。

 

帯状疱疹の原因とは?

帯状疱疹は、水ぼうそうにかかったことがある人の、脊髄と脳の神経に潜在していたウイルスが再活性化したものです。

実は子どものころにかかった水ぼうそうは、症状がおさまっても原因のウイルスが消滅するわけではなく、その後何十年も神経のなかに潜伏しつづけているのです。

それが突然再活性化して神経を侵すことによって、帯状疱疹の症状が起こるのです。

 

帯状疱疹の症状…後遺症はあるの?

額や首筋、胸の部分など体の左右のいずれかに帯状の斑点ができ、ピリピリとした痛みが起こります。

重症化すると体が締め付けられるような痛みや、体に電気が走るような痛みを感じることもあります。

斑点は経過とともに水疱となり、それが破れて「びらん」や「潰瘍」を形成、最終的にかさぶたになります。

 

ここまでに2~4週間かかり、自然に治りますが、重症化すると後遺症が残ることがあります。

後遺症はおもに神経の痛みで、帯状疱疹によって神経が大きな損傷を負ったことによって起こります。

この痛みはしびれや知覚過敏なども併発し、数か月~1年以上続くこともあります。

 

生活習慣の見直しが予防につながる!

神経に潜伏した水ぼうそうのウイルスは、体の抵抗力が低下したときにその毒性を発揮します。

この病気が高齢者に多いのは、若年者に比べて体力的にも衰えており、抵抗力が低いためです。

そのために普段から規則正しい生活を心がけ、抵抗力を高めておくことが予防につながります。

 

また、ストレスが原因で発症するケースも非常に多いので、ストレスを溜めこまないことも大切です。

食生活の改善のほか、適度な運動やストレス改善によって、帯状疱疹の予防につとめましょう。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

介護・認知に関する情報など~認知症の治療法や家族や専門家が集まる「認知カフェ」!リハビリが果たす役割とは

認知症カフェというのを知っていますか?今高齢者に増えている認知症ですが、それ...

高齢者の服選びのポイントとは?衣服は素材から選ぼう!

生活の基本、「衣食住」に含まれている「衣」。衣服には体を守る、体温調節などの...


高齢者の皮膚問題! 起こりやすいトラブルって?

加齢によって皮膚は刺激に弱くなり、トラブルを起こしやすい状態です。高齢者に多...

高齢者のめまいの原因と予防策とは?

高齢者のめまい 加齢によるめまいの主な原因って? 高齢者にめまいが多発する...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る