カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腹部 >
  4. 腹膜炎 >
  5. 腹膜が細菌感染によって炎症を起こしてしまう、急性腹膜炎

気になる病気・症状

腹膜が細菌感染によって炎症を起こしてしまう、急性腹膜炎

 

 

 急性腹膜炎とは腹腔を覆っている腹膜が細菌感染によって炎症を起こしたものです。

炎症が局所のものを限局性腹膜炎、炎症が全体に及んだものを汎発性腹膜炎と言います。

初期は限局性であっても、治療をしなければ徐々に汎発性に進行していきます。

 

 

 原因

消化器官の合併症としてよく見られます。

胆嚢炎、虫垂炎、憩室炎、胃・十二指腸潰瘍、悪性腫瘍などで消化管が穿孔(穴があくこと)し、腹腔内に細菌や消化液、胆汁が侵入する事によって炎症が起こります。

 

症状

消化管穿孔による急激で強烈な腹痛が起こります。最初は局所の痛みですが、炎症が拡がるにつれて腹痛の範囲も広がっていきます。

また悪心・嘔吐、発熱といった症状や原因疾患の症状もみられます。

 

 

検査

腹筋は固く緊張し、板状硬と呼ばれるように板のように固くなります。 

原疾患の部位には強い圧痛が見られます。

急性腹膜炎の診断は原疾患によって異なるので、病歴や検査所見を総合的に見て診断します。

 

 

治療方法

絶食として、十分な補液を行います。

炎症が腹部全体に及んだ汎発性腹膜炎ではショックを伴う事があるのでその対策も必要です。

 

原因菌に対する抗生物質の投与をし、不明な場合は広域抗生物質を投与します。 

このような保存的療法で治る事もありますが基本的には緊急の手術を行います。

 

手術では、腹腔内潰瘍に穿刺して排膿し、開腹して腹腔洗浄を行う事もあります。

 

 

予後

早期に治療を行う事ができれば、予後は良好ですが、ショックや多臓器不全を起こすと予後は不良です。

また、胆汁性腹膜炎の予後も不良です。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/31-375834.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹膜炎に関する記事

結核菌の腹膜感染によって起こる!結核性腹膜炎

     腹膜とは腹腔を覆っている膜で、そこに何らかの細菌が感染する事によっ...

激しい腹痛は、急性腹膜炎かも!?

    腹痛は、誰もが経験してきた症状です。 しかし、その腹痛の中には...


癌細胞が腹膜に転移して起こる!恐ろしい癌性腹膜炎

癌性腹膜炎とは癌細胞が腹膜に転移したために起こる腹膜の炎症です。   原因 主...

カラダノートひろば

腹膜炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る