カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. リラックス・癒し >
  4. 入浴 >
  5. 買うだけじゃない!入浴グッズを作ってみよう!

美容・ダイエット

買うだけじゃない!入浴グッズを作ってみよう!

 

一日の疲れを取るためには欠かせない入浴ですが、手作りのバスグッズを使うことでより一層充実したものになります。

 

 

まずは数滴 

慣れていないうちは石鹸や入浴剤を作るのは意外と手間がかかるものです。

まずはアロマオイルを数滴、湯船に垂らしてみることから始めてみましょう。

お風呂場いっぱいに広がるアロマの香りは人工的な入浴剤とは違う深いリラックス効果を生み出してくれます。

 

 

お手軽シャンプー

無香料のシャンプーホホバオイルを少しとアロマオイルを数滴入れてよく混ぜましょう。

一度に大量に作るのではなくて、少量づつ作ってオイルが酸化してしまうのを防ぎましょう。

 

 

アロマオイルの選び方

初めての方が迷うのが、どのオイルを選べば分からない、ということです。

 

そんな時は自分の好きな香りのものを選んでみましょう。

効能などは気に入れば後から勉強しても全然大丈夫です。

 

アロマオイルの知識が増えてきたら、ブレンドして自分好みの香りを調合してみるのも楽しいですよ。

トップノート(最初に香る匂い)、ミドルノート(中間)、ベースノート(最後に残る匂い)というのを意識して混ぜるといいでしょう。

 

 

タイプ別の例

 

 ○リフレッシュ

柑橘系、レモングラス、ティーツリー、ローズマリー、ペパーミントなどのスッキリした香りはリフレッシュするには最適です。

 

○リラックス

ラベンダー、サンダルウッド、フランキンセンスなどの落ち着いた香りは心も体も深く休ませてくれます。

 

 

まとめ

慣れてきたら石鹸や入浴剤なんかも作ってみましょう!

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/12/31-374652.php?category=265)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

入浴に関する記事

ラジウム(ラドン)温泉とはどんな温泉?

    温泉にはかならず温泉の成分や効能を書いたものが掲げられています。温泉...

夏の疲れをとるには湯船につかるのが一番!目的に合わせて入浴法を変えよう!

  睡眠と入浴は深く関係しています。どんな睡眠を得たいかによって、入浴方法を変え...


旅先の疲れを持ちこさないために!疲れをとる入浴方法で、疲労を体の外に出そう!

     旅先で観光地などを歩き、ヘトヘトになったら、入浴でしっかりと疲労回復を...

旅先のホテルでも出来る!お湯の温度調節が難しいときの疲労解消入浴法

旅先のホテルで困るのが、シャワーの温度などを上手に調節出来ないケースがあること...

カラダノートひろば

入浴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る