カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 乱視 >
  5. ほとんどの人が乱視をもっている! 乱視のメカニズムって?

気になる病気・症状

ほとんどの人が乱視をもっている! 乱視のメカニズムって?

    

乱視は、水晶体や角膜に何らかの歪みが生じているために、光の屈折がずれ、焦点が合わなくなる屈折異常の一種です。

 

もともと人間の眼球の理想形は、ピンポン玉のような正球体です。

しかし、人間ひとりひとりに個性があるように、眼球の形状にもひとりひとり個性があり、その形状は全く異なります。

逆にきちんとした正球体の眼球を持つ方はほとんどおらず、若干の歪みがある方のほうが殆どです。そのため、人は多かれ少なかれ乱視であると言われています。

 

水晶体がカメラでいうことのレンズだとすれば、角膜はその表面を覆う被膜です。

レンズやその表面にゆがみがあれば、ピントが合わないのは当然のことと言えるでしょう。

 

乱視には、その歪みの方向で見え方が違います。これを軸角度といいます。

 

眼鏡店で検眼(視力を測る)時に、「縦の乱視」とか「横の乱視」もしくは「○度の乱視」などという表現を耳にします。

これは視力を矯正する際に、その軸角度をA(Axis)で表し、レンズの軸を決めるために必要だからです。

 

軸が巣兵方向の場合はA=0度、鉛直方向の場合A=90度というように定められています。

A=0付近の乱視を直乱視、A=90度付近の乱視を倒乱視といい、それ以外の斜め度付近の乱視を斜乱視といいます。

 

軸に対して、その強さ、要するに矯正するための度をCで表現します。

A方向で乱視の有無がわかり、Cでその度数がわかりますが、-1.0以下であれば眼鏡やコンタクトレンズで矯正しなくても平気な場合が殆どです。

 

近視や遠視がひどい場合は、そちらに注目して、矯正を行い、乱視-1.0以上であればその矯正を追加する形になります。

乱視がさほど気にならない-1.0以下であれば、近視や遠視の強制だけで十分です。


どちらにしても、視力に問題がある場合はきちんと矯正することで、眼精疲労や肩こり、頭痛の防止につながります。

 

乱視もものがひどく歪んで見える場合は矯正が必要ですので、放置せず眼鏡などでの矯正をお勧めします。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/03/05-376887.php)

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乱視に関する記事

眼精疲労を引き起こす乱視を矯正する場合、注意することって?

     乱視は近視や遠視と同じ屈折異常のひとつです。この屈折異常は、必ずと言...

現代人に慢性的に蔓延している眼精疲労 乱視と眼精疲労の関係

         乱視はその度合いにより眼鏡などで矯正する必要のない場合もあり...

カラダノートひろば

乱視の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る