カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 海外旅行 >
  5. 海外旅行前に要チェック!日本脳炎の予防接種はお済みですか?

健康診断・健康管理

海外旅行前に要チェック!日本脳炎の予防接種はお済みですか?

    

日本脳炎は、蚊によって媒介される日本脳炎ウイルスによって感染・発症する疾患で、発症すると重篤な急性脳炎を起こし、重い後遺症が残ったり、死に至る率が高い感染症です。

 

感染流行地域は東南アジアや南アジアに広く分布しており、渡航の際には予防接種が推奨されています。

 

症状は以下のようなものです。

 

1. 発熱(38℃~41℃)
2. 悪心・嘔吐
3. めまい・頭痛
4. 腹痛・下痢
5. 項部硬直
6. 意識障害
7. 震戦・麻痺
8. 痙攣

 

日本脳炎は、発症した時点でウイルスが脳に達しているため、破壊された脳細胞を修復するのが困難で、最終的には重篤な後遺症を残してしまいます。

発症後は明確な治療方法もなく、対症療法のみとなってしまうため、今のところは有効な対処方法は予防接種のみとなっています。

 

接種義務はありませんが、以前、日本脳炎の予防接種後に死亡例が確認されたことで、国内の予防接種率が低下しています。ワクチンの副作用報告があったことから、積極的な予防接種推奨が控えられたこともありますが、現実的に40以上の方の有効免疫保有率が減少し、国内での発症例も増えています。

 

公衆衛生状態の低い東南アジア・南部アジアに渡航の際は罹患率が上昇しますので、予防接種は保険の意味合いを持ちます。

 

副作用を怖がって予防接種を控えるか、万が一のことを考え予防接種を行うかは個人の判断となりますが、該当地域に旅行をお考えの方には是非ご一考していただきたいと思います。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/07/14-348415.php)

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

海外旅行に関する記事

中には命の危険も!?海外旅行のための予防接種

海外を旅行すると、日本では通常かからないような様々な病気にかかる可能性がありま...

海外旅行に行く前にチェック!「黄熱ワクチンは接種済みですか?」

  蚊を媒介して感染する黄熱ウイルス。重度の場合、発症から3〜4日で死に至...


アフリカなどの渡航に必要です!~黄熱病の予防接種~

      黄熱病(Yellow Fever)は蚊によって媒介される黄熱ウイル...

接種すれば予防できる!海外でかかる病気…破傷風、日本脳炎、ジフテリア、ポリオ

海外旅行に行く際に、事前に準備しなければならないことの一つに予防接種があります...

カラダノートひろば

海外旅行の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る