カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 海外旅行 >
  5. 海外旅行前に要チェック!A型肝炎の予防接種はお済みですか?

健康診断・健康管理

海外旅行前に要チェック!A型肝炎の予防接種はお済みですか?

    

A型肝炎は、A型肝炎ウイルスによって汚染された食べ物や水から主に感染する病気で、B型やC型などと同じ肝炎の一種です。

 

西ヨーロッパやオセアニア諸国では、発生率は比較的少ないですが、世界中で広く感染が報告されています。


下水設備や公衆衛生の進化に伴い、日本国内での報告件数は減少していますが、未だ下水設備の確立されていない不衛生な国や地域では、感染に対して注意が必要な疾患です。
 
感染力が強いため、食事などでも感染するため、海外では集団発生例も多く聞かれています。

特にアジアやアフリカ、中南米に長期で滞在する予定のある方には予防接種が推奨されています。

 

A型肝炎の症状には以下のようなものがあります。
 
1. 発熱
2. 下痢
3. 腹痛
4. 吐き気・嘔吐
5. 全身倦怠感
6. 黄疸
 
発症後は絶対安静と免疫グロブリンの投与がなされ、4~6週間ほどで症状が改善することが多いとされていますが、重症例では急性腎不全や心筋梗塞を合併することもあるため、注意が必要です。
 
A型肝炎ワクチンの予防接種は各医療機関で実施可能です。16歳以上の方が対象で、3回接種します。

1回目と2回目は2~4週間隔をあけ、3回目は6ヶ月後となっており、5年間有効とされています。


具体的な国名としては、中国・タイ・マレーシア・シンガポール・フィリピン・ベトナム・イラン・イラク・イスラエル・サウジアラビア・トルコ・エジプト・ケニア・カメルーン・コートジボアール・ガーナ・ギニア・ナイジェリア・メキシコ・ブラジル・アルゼンチン・パラグアイ・ペルー・チリなどが予防接種推奨国と言われています。

 

生命に関わる病気ではありませんが、感染してしまうと社会的にダメージの大きい病気ですし、渡航時に推奨されている地域はかなり広範囲に渡っていますので、渡航先の衛生状態があまり良くない場合などは、できるだけ予防接種をしてから行かれることをお勧めいたします。
 
 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/12/07-373880.php )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

海外旅行に関する記事

アフリカなどの渡航に必要です!~黄熱病の予防接種~

      黄熱病(Yellow Fever)は蚊によって媒介される黄熱ウイル...

中には命の危険も!?海外旅行のための予防接種

海外を旅行すると、日本では通常かからないような様々な病気にかかる可能性がありま...


海外旅行に行く前にチェック!「黄熱ワクチンは接種済みですか?」

  蚊を媒介して感染する黄熱ウイルス。重度の場合、発症から3〜4日で死に至...

接種すれば予防できる!海外でかかる病気…破傷風、日本脳炎、ジフテリア、ポリオ

海外旅行に行く際に、事前に準備しなければならないことの一つに予防接種があります...

カラダノートひろば

海外旅行の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る