カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 病院 >
  5. >
  6. 花粉症に有効なロイコトリエン受容体拮抗薬!

アレルギー

花粉症に有効なロイコトリエン受容体拮抗薬!

    

アレルギー性鼻炎はそれが持続的に続くものと、季節性の花粉症があり、それぞれ治療法に特徴があります。

症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどがあり、それらの症状が続くと辛く、気分も憂鬱になりがちです。

 

そのようなアレルギー性鼻炎の治療の中でも薬物療法の占める割合は大きいです。

薬物の投与方法は経口による内服などの全身投与と、点鼻などの局所投与がありあますが、現在治療の主流は経口薬です。

 

従来、アレルギー性鼻炎に対する経口薬はヒスタミン拮抗薬(H1受容体拮抗薬)が最も使われてきましたが、眠気の副作用や鼻づまりへの効果が若干弱いなどの問題が指摘されてきました。

 

一方、肥満細胞から放出されるケミカルメディエイター(細胞間の情報伝達に使われる化学物質)の中で、「ロイコトリエン」は鼻粘膜の血管に作用し鼻づまりの原因になることが知られており、ロイコトリエン受容体拮抗薬が、頑固な鼻づまりに使われるようになってきました。

 

また、ロイコトリエン受容体拮抗薬は眠気の副作用がないことから安心して使用でき、スギ花粉症にもかなりの有効性があるため、これから使用頻度が上がると考えられています。


ロイコトリエン受容体拮抗薬としては次のようなものがあります。

 

1. プランルカスト(商品名:オノン)
2. ザフィルルカスト(商品名:アコレート)
3. モンテルカスト(商品名:キプレス)
4. モンテルカスト (商品名:シングレア)

 

これらの薬を使用する際は、副作用について十分理解したうえで、病型・重症度・原因抗原・合併症・使用感などを考慮し、適切なものを考慮することが望ましいとされています。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/11/05-009988.php )

 

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

花粉症によく効く点鼻薬~鼻用ステロイド薬~

     花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜が何らかのアレルゲン...

眠くなる内服薬と眠くならない内服薬

抗ヒスタミン薬 花粉症用の内服薬は、市販のものも病院で処方されるものも、実にた...


どんなものがあるの? 花粉症に使用する抗アレルギー剤

     花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療には抗ヒスタミン薬をはじめ、作用機...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る