カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 病院 >
  5. >
  6. どんなものがあるの? 花粉症に使用する抗アレルギー剤

アレルギー

どんなものがあるの? 花粉症に使用する抗アレルギー剤

    

花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療には抗ヒスタミン薬をはじめ、作用機序の異なる種々の薬物が用いられています。

 

過去には抗アレルギー薬の呼び方について若干混乱した時期がありましたが、現在ではアレルギー性鼻炎の治療に用いられるすべての薬が「抗アレルギー薬」と広義で定義されています。

 

鼻アレルギー診療ガイドラインでは、次のように薬理作用によって分類され、ステロイド薬もその中に含まれています。

 

1. ケミカルメディエイター遊離抑制剤(肥満脂肪安定薬)
クロモグリク酸ナトリウム(インタール)、トラニラスト(リザベン)、アンレキサノクス(ソルファ)、ペミロラストカリウム(アレギサール、ペミラストン)など。

 


2. ケミカルメデイエイター受容体拮抗薬
1) ヒスタミン拮抗薬(抗ヒスタミン)
第1世代:d-マイレン酸クロルフェニラミン(ポララミン)、フマル酸クレマスチン(タジベール)など。
第2世代:フマル酸ケトチフェン(ザジテン)、塩酸アゼラスチン(アゼプチン)など。


2) トロンボキサンA2拮抗薬(抗トロンボキサンA2薬)
ラマトロパン(バイナス)など。


3) ロイコトリエン拮抗薬(抗ロイコトリエン薬)
プランルカスト水和物(オノン)など。

 


3. Th2サイトカイン阻害薬
トシル酸スプラタスト(アイピーディ)など。

 


4. ステロイド薬
局所用:プロピオン酸ベクロメタゾン(ベコナーゼ、アルデシン、リノコート)フルニソリド(シナクリン)、プロピオン酸フイチカゾン(フルナーゼ)など。
経口用:ベタメタゾン・d-クロルフェニラミン合剤(セレスタミン)

 


5. その他
変調療法薬、生物製剤、漢方薬

 

薬物の選択や投与方法はアレルギー性鼻炎の重症度に応じて基準化されています。

花粉症では花粉飛散と関連して計画的に治療されることが多いようです。

 

特に花粉飛散開始から本格飛散までには2~3週間かかることが空中飛散花粉観測から判明しています。

また症状の悪化も、飛散量に応じて悪化することが知られています。

 

その結果、花粉飛散開始直後から、季節内早期に開始する薬物療法を初期療法(初期治療)と位置付けています。

 

初期療法では抗ヒスタミン薬を中心に、飛散極期における症状増悪防止が目的とされ使用されています。

 

イネ科花粉症はスギ花粉症と比較して、より植生を反映し地域性が高いが、重症度に対してはほとんど差がなく、薬物療法に関してはスギ花粉症に準じるようになっています。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2007/05/16-002138.php )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

眠くなる内服薬と眠くならない内服薬

抗ヒスタミン薬 花粉症用の内服薬は、市販のものも病院で処方されるものも、実にた...

花粉症によく効く点鼻薬~鼻用ステロイド薬~

     花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜が何らかのアレルゲン...


花粉症に有効なロイコトリエン受容体拮抗薬!

     アレルギー性鼻炎はそれが持続的に続くものと、季節性の花粉症があり、そ...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る