カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 咽頭 >
  4. 嚥下障害 >
  5. 嚥下障害とは? 摂食・嚥下が低下する原因

気になる病気・症状

嚥下障害とは? 摂食・嚥下が低下する原因

       

嚥下障害とは、一般的に食べ物や水分などを摂取しにくい状態を言います。
摂食・嚥下が低下する原因には次のような理由があります。 

 

≪摂食・嚥下が低下する原因≫


1.口腔内の問題 
*虫歯などで歯が弱り、咀嘔力が低下している。
*ロ腔、咽頭、食道などの咀嚼筋の筋力低下。
*粘膜の知覚、味覚の変化(低下)。
*唾液の分泌量低下、性状の変化。


2.口腔ケアの問題 
*口腔ケアが不十分。
*義歯が合わない。


3.疾患に関係するもの 
*脳血管障害などの併発。
*消化器疾患によるもの。(上腹部消化器症状も含む)
*誤嚥性肺炎の発症。
*内服薬の影響(向精神薬、抗コリン剤、消炎鎮痛剤など)。
*精神症状の悪化に伴うもの。

 


 

 

病気に起因するものは、大きく次のものに別けられます。

 

(1)静的障害
炎症や腫瘍により、飲み込む通路が狭くなったり、病変で腫脹したりして狭窄を起こす状態をいいます。この場合、患者が何らかの痛みを訴えて来ることが多い為、痛みの訴えには注意を払う必要があります。(例:急性咽頭炎、口蓋扁桃肥大、食道腫瘍など)

 

(2)動的障害・運動障害
物を飲みこむ際の神経の障害です。『末梢性』と『中枢性』、それぞれの障害があります。

 

1. 末梢性 
筋肉を動かす神経経路末端の障害、あるいはその動作に関わる筋肉の障害をいいます。口腔内疾患、軟口蓋麻痺、舌の運動障害などがそれに当たります。口蓋裂で咽頭と鼻腔閉鎖が上手く行かない場合も含みます。

食べ物が入って来ると感じる知覚に障害を来し、物が入って来たと感じるのが遅れる為に、飲み込む動きに支障が生じるケースなどを言います。


2. 中枢性 
嚥下動作は大脳や延髄や脊髄、小脳その他の頭の中で自然に出来ようにメカニズムが出来ています。

脳やその他の中枢神経に異常を生じた場合をいいます。この場合は、嚥下障害以外に、発声障害・構音障害・声帯麻痺なども一緒に伴うケースが多く見られます。例えば脳梗塞や脳出血などにより、運動障害の大脳障害が損傷された場合などが中枢性となります。

 

ワレンベルグ症候群などの脳血管障害、脳神経外科手術などの術後、また脳血管障害後の後遺症やパーキンソン病などがあります。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/08/18-006642.php)

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

嚥下障害に関する記事

嚥下機能の低下によって起こる!嚥下障害~嚥下のメカニズム~

     ある程度の年齢になると、個人差はあるものの、食事の際にむせ込みやすく...

高齢者に多い嚥下障害…こんな症状が出たら無理に食べさせないで、一度医師へ相談を!

  最近、おじいちゃんやおばあちゃんの食事に変化はないでしょうか?年のせいだと...


嚥下障害のある人は口腔ケアがとっても大切!健診を受けることとケアの重要性を知ろう!

  寝たきりの嚥下困難患者の場合、口腔ケアが非常に重要であるということを知って...

あなたの飲み込み大丈夫?摂食嚥下障害のチェックポイント!

嚥下とは、食物など飲み込む事を言います。嚥下がうまく行かなくなると、様々な弊...

カラダノートひろば

嚥下障害の関連カテゴリ

嚥下障害の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る