カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 突発性肺線維症 >
  5. 特発性肺線維症の治療薬・ピレスパの副作用

気になる病気・症状

特発性肺線維症の治療薬・ピレスパの副作用

特定疾患にも定義されている特発性肺線維症は、肺が固くなってしまう病気です。

 

肺は元々空気を取り入れるために膨らみますが、特発性肺線維症になると膨らまなくなります。すると空気が肺に入らなくなるので、呼吸困難になってしまうというのが大きな問題です。

 

●特発性肺線維症の薬

特発性肺線維症の治療薬は数種類に分かれています。大きく分けると対症療法のための薬と抗線維化剤の2種類です。対症療法の為の薬には咳止めや免疫反応を抑える免疫抑制剤があり、抗線維化剤にはピレスパがあります。

 

●ピレスパってどんな薬?

特発性肺線維症の治療薬、肺の線維化(肺が固くなってしまう状態)を防ぐ薬は今まで存在しませんでしたが、2008年にピレスパが登場してからは少し状況が変わりました。

 

ピレスパは肺の線維化をある程度抑えて症状の進行も止めます。根本的な治療にはならないものの、特発性肺線維症の治療への新しいアプローチとして注目されています。

 

●ピレスパの副作用

ピレスパには副作用があります。50%の確率で光線過敏症があらわれ、日光に当たると皮膚湿疹が出来たりします。その他に、食欲不振や胃の痛み、嘔吐、吐き気などもピレスパの代表的な副作用と言われています。

 

重い副作用では皮下出血や肝機能に影響するものもあるので、尿が褐色になったり発熱が見られる場合は主治医に相談してください。

 

特発性肺線維症の新しい治療薬として2008年に登場したのがピレスパです。レスパは肺の線維化を抑える薬で、副作用には光線過敏症などがあります。 

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

突発性肺線維症に関する記事

特発性肺線維症の予防に免疫力を強化しよう!

    特発性肺線維症とは? 特発性肺線維症をご存知ですか? 肺は生命に重要な呼...

特発性肺線維症を悪化させないために

  特発性肺線維症になってしまうと、病気とは長い付き合いになることが多いです。...


特発性肺線維症の診断のための検査

  特発性肺線維症の疑いがある場合はいくつかの検査を行ったうえで最終的に診断を...

呼吸困難を引き起こす! 特発性肺線維症とは?

  肺には肺胞という無数の小さな袋状のものがあります。息を吸い込むとこの袋...

カラダノートひろば

突発性肺線維症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る