カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

RSV感染症の気になる症状

 

RSV感染症はRSウイルス感染症と書かれることもあり、RSウイルスによる乳幼児の代表的な呼吸器系の感染症のことを言います。毎年冬の寒い時期に流行が見られ、乳児の半数以上が1歳までの感染し、2歳までにほぼ100%が感染し、その後再感染を繰り返すのですが、一般的には年長児以降で重篤化することはありません。

 

 

症状があらわれるまで

ウイルスに感染してから症状が出てくるまでの潜伏期間は4日から5で、短ければ2日、長ければ8日ほどになることもあります。

 

症状

潜伏期間の後以下のような症状が見られます。

鼻水が出る

痰がつまったようなゼイゼイとする咳

発熱

こうした上気道症状があらわれます。発熱や鼻水などの症状が数日続き、多くは軽症で済みます。症状が重くなる場合は3割程度は炎症が下気道まで進行し、咳がひどくなったり、喘鳴(ゼーゼーと喉が鳴る)が出たり、呼吸困難多呼吸になる場合があります。これらの場合、気管支炎や細気管支炎、肺炎を発症している、あるいは発症する場合が多いです。

 

初感染乳幼児の場合

はじめて感染する乳児の7割程度は鼻水などの上気道炎症状のみが見られ、数日で回復します。しかし、残りの3割は咳が悪化し上記のような喘鳴、呼吸困難などの症状があらわれます。こうした重症化の進行をたどるのは、低出生体重児や心臓や肺に基礎疾患がある乳児、神経や筋肉に疾患のある乳児、免疫不全がある乳児に多く見られる傾向があり、こうした疾患が重症化のリスクを高めているといえます。

 

合併症

重症化した場合、無呼吸発作急性脳症などの危険があります。特に生後1か月未満の乳児が感染した場合、原則的な症状をたどらないことが多く、診断が困難になります。さらに無呼吸発作を引き起こし突然死を起こすこともあります。

 

 

RSウイルスは生涯にわたって感染を繰り返し、幼児期は特に頻繁で、多くは軽症で済みます。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/04/16-360957.php?category=51])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

RSV感染症に関する記事

感染力の強いRSウイルスと感染症の特徴 飛沫感染・接触感染に要注意!

  RSV感染症は小さい子どもが感染しやすい呼吸器感染症で、多くは鼻風邪のような...

聞きなれない…RSV感染症とは?子供がかかりやすい冬に流行する感染症

RSV感染症とは あまり聞いたことない病気ですが、RSV感染症とは冬に流行する...


RSV感染症から子どもたちを守る!冬に流行する感染症について

  RSV感染症は冬に流行する感染症の一つです。適切な治療を行わないと、重...

寒い冬の時期は要注意!RSV感染症の受診から治療までの流れ

  RSウイルスによるRSV感染症は寒い冬の時期に多く起こる感染症で、発症の中...

カラダノートひろば

RSV感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る