カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 種類 >
  6. 動脈硬化 >
  7. 今日からはじめる運動習慣!適度な運動で血管のアンチエイジング!

生活習慣病

今日からはじめる運動習慣!適度な運動で血管のアンチエイジング!

 

血管年齢という言葉を聞いた事はありますか?

 

老いるのは筋肉や皮膚だけではありません。血管も老化から逃げる事はできません。 

 

しかし、同じ年齢なのに若々しい人もいれば年齢以上に老けて見える人もいます。血管もそれと一緒で実際の年齢よりも若い事もあれば老いていることもあります。

 

加齢と共に弾力が低下する 

動脈は弾性線維から出来ており、血液の量や速度に応じて血圧が上がり過ぎるのを防いでいます。

しかし、老化と共に動脈の弾性繊維にカルシウムが沈着して伸展性が失われてしまいます。

 

 

運動が血管を若くする

中高年者を対象にした検査で、日常的に活動量の多いグループ、活動量の少ないグループに分けて調査をしたところ、活動量の多いグループは活動量の少ないグループに比べて10~15歳ほど血管年齢が若いという結果が出ました。

さらに日常的に走っているランナーのグループと活動量の多いグループを比べてみると、ランナーのグループはさらに10~15歳ほど血管年齢が若いという結果が出ました。

 

 

継続は力なり

中高年者を対象にして半年間生活に運動習慣を取り入れる実験をしたところ、大動脈の弾性が回復することが分かりました。

ただし、トレーニングを止めてしまうと数週間で動脈の弾性も元に戻ってしまう事が分かりました。

 

つまり、若い血管年齢を維持するためには軽い強度で毎日でなくてもいいので、継続して運動することが大切だと言う事です。

 

まとめ

運動は血管年齢を若返らせることが出来るだけでなく、脂肪を燃焼させて肥満を防ぐ事もできます。

適度な運動を続ける事によって健康な体を手に入れましょう。

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/23-382310.php?category=266)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

動脈硬化に関する記事

心臓弁の機能が低下する心臓弁膜症…近年動脈硬化が原因となっているものが増加している!

  心臓は4つの部屋に分かれています。これらの部屋に順序良く血液が流れることに...

動脈硬化を起こすのは体の免疫細胞だった!発見された免疫細胞の効果を変えるMafBとは?

  動脈硬化において、高血圧や糖尿病などによって血管に負担がかかると、血中のL...


気付かぬうちに悪化する?様々な悪影響をもたらす動脈硬化について

   動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中の原因となる恐ろしい状態ですが、自覚症状は...

動脈硬化の元凶はコレステロール?体内の汚染物質を取り除くための動脈硬化対処法

  そもそも動脈硬化を起こす血管って、どんな状態なのでしょうか?  血管...

カラダノートひろば

動脈硬化の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る