カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 制度 >
  5. 腰痛治療で不自由な日常生活…介護保険制度を利用しよう!

関節痛・腰痛

腰痛治療で不自由な日常生活…介護保険制度を利用しよう!

 

関節痛や腰痛がひどいと日常生活を送るのにも不自由になることがあります。 

そんな時には介護保険制度を利用すると負担が少なくなります。

 

介護保険を利用できる人

基本的には65歳以上の第一号被保険者が介護保険を利用できますが、40歳以上65歳未満の第二号被保険者も特定疾病によって介護が必要な状態になった時は介護保険の給付を受けられます。

関節痛を起こす病気としては関節リウマチ骨折を伴う骨粗そしょう症、変形性関節症などが特定疾病とされています。

 

介護認定の流れ

まずは保険者(市町村)に対して要介護認定申請を行います。

自分で動きださないと、保険者が生活に困っている人を見つけ出してくれるわけではありません。

 

そして保険者から派遣された調査員の認定調査を受け、その結果と主治医の意見書をもとに審議が行われどれくらいの介護が必要なのかを7段階で評価します。 

 

この結果をもとにして、ケアマネージャー(介護支援専門員)がどのような介護サービスを組み合わせるかを考えます。 

 

 

介護の内容と負担額

入浴や排せつなどの日常生活の介護や、家事の手伝いなどの支援を受けられます。自己負担は一割で、上限額は介護認定で認められた段階によって違います。

介護サービスには様々な種類があり、症状の進行を押さえるリハビリテーションから施設でのサービスもあります。

 

 

まとめ

どのような介護サービスを受けれるのかはその地域にある事業所の種類や数などによっても違います。

ケアマネージャーは体の状態と地域の介護サービスの状態から最適なプランを考えてくれます。まずは要介護申請をして相談してみるといいでしょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/26-370343.php

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

制度に関する記事

知ってますか?保険がきく病気・そうでない病気 鍼灸の保険診療とは

  医師が必要であると認めた場合、腰痛や関節痛に対して保険治療を受けること...

知らなきゃ絶対に損!高額療養費制度を使おう~長期の腰痛治療~

  腰痛や関節痛の治療はときには長期に及び、患者の財政を逼迫するものになり...


膝関節症と介護保険

  国民健康保険や年金保険料など、何気なく払っているものが病気の時に使える...

つらい腰痛治療の上に高額医療費…医療費控除を知っていますか?

   腰痛や関節痛の治療費は時に高額となり患者の財政を圧迫することがありま...

カラダノートひろば

制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る