カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 夫婦生活 >
  5. ママがパパに教えてあげよう!妊娠中のパパ育成について

妊娠・出産

ママがパパに教えてあげよう!妊娠中のパパ育成について

a0002_006953.jpg

産後に、育児と家事問題で旦那と大喧嘩をしたり、離婚を考える女子は多いものです。

男性は自分の体や生活が変わるわけではないので、どうしても「子供を持ち、親になる自覚」に疎いのです。そこで大切なのが、「妊娠中の旦那教育」。

 

「赤ちゃんを育てる」「家族になる」という自覚のサポートを、女性がやってあげましょう。妊娠を2人で楽しむ、2人で共感、体験することで、産後の夫婦関係も変わってきます。押し付けると反抗すると思うので、さりげなく生活に折り交ぜていってください。

 

「何もしてないわけじゃないこと」を理解してもらう

1日中船酔いをしているかのようなつわりに、産後の赤ちゃんにつきっきりの生活。

中には「何もしてないじゃん」「いいよなー楽で」と言う男性もいるんです!

つわり期に無理をすると流産しますし、何一つできない赤ちゃんのお世話をするのは当たり前のことです。つわり期には、一緒に検診に連れて行ったり、妊娠本を読ませる、他の出産経験者の話を聞いてもらいましょう。産後は赤ちゃんの世話を頼み、話を聞かせたり体験してもらうことで、「何もしてない」どころか、「命を育むという大切なことをしている」ということを知ってもらいましょう。

 

胎児の成長を一緒に楽しむ

放っておいても父親の自覚はつかないので、妊娠期から一緒に胎児の成長を楽しみ、「一緒に出産へ向かっている」という意識付けをしましょう。例えば、検診のエコー写真を見せる、一緒に検診に行く、赤ちゃんの状況を詳しく話すなど。妊娠するのは女性ですが、成長を一緒に楽しむということは、後々の育児においても大切です。

スキンシップ&セックスする

妊娠初期や臨月以外など、体調が安定し、切迫流産・早産の可能性がない限り、セックスは可能です。

実は妊娠中に怖いからとセックスレスになり、産後もずっとセックスレスのカップルは非常に多いのです。体調がよければセックスをしたり、イチャイチャするなど、積極的にスキンシップはとっておきましょう。

 

マッサージしてもらう

妊娠中は急激な体の変化もあり、足がむくんだり、腰が痛くなるなどの体調不良を伴うものです。せっかく旦那さんがいるのなら、マッサージをしてもらいましょう。妊娠期にどれだけ体が変化し、大変かということは知っておいて貰った方がいいでしょう。

 

また、妊娠して不安にならない女性はいません。「流産しないか、出産できるか、育児ができるか」など、初めてのことに不安ばかりです。そんな時は一人で抱え込まず、旦那さんに相談しましょう。

実は女性の心のケアは、妊娠期はもちろん、産後も旦那にとっては大切な仕事です。育児においても、不安になったり、行き詰まらない女性はいません。そんな女性の不安を二人で分かち合い、協力する方法を見つけることが必要になります。

 

産後も協力し合いたいと思うなら、妊娠中から正直な気持ちを伝え合うようにしましょう。 

(photo by http://www.ashinari.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夫婦生活に関する記事

9割近い妊婦さんが妊娠後の仲良し(セックス)回数は減っていると回答!

妊娠中の仲良し(セックス)事情...人にはなかなか聞きにくいことですが、今回...

父親の自覚を芽生えさせるには?

  お母さんはお腹で赤ちゃんが大きくなっていくのを実感したり、胎動を感じること...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

夫婦生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る