カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 夫婦生活 >
  5. ママがパパに教えてあげよう!妊娠中のパパ育成について

妊娠・出産

ママがパパに教えてあげよう!妊娠中のパパ育成について

産後に、育児と家事問題で旦那と大喧嘩をしたり、離婚を考える女子は多いものです。男性は自分の体や生活が変わるわけではないので、どうしても「子供を持ち、親になる自覚」に疎くなってしまいがち。そこで大切なのが「妊娠中の旦那教育」なのです!今回は、妊娠中のパパ育成についてみていきましょう。

 

女性から「父親」の自覚を促してあげよう

自分自身もまだ母親になりはじめなのに、どうして夫の父性の面倒まで見ないといけないの、と思うかもしれませんが、お腹の中に生命を宿す女性と違い男性はやはり実感がわきにくいもの。妻からの働きかけがないと、なかなか自覚は芽生えないのです。

 

そのため、夫の「赤ちゃんを育てる」「家族になる」という自覚のサポートを、女性がやってあげましょう。妊娠を2人で楽しむ、2人で共感、体験することで、産後の夫婦関係も変わってきます。夫の父性が芽生えることは、妻にとっても嬉しいことですよね。押し付けると反抗すると思うので、さりげなく生活に折り交ぜていってください。

「何もしてないわけじゃないこと」を理解してもらう

1日中船酔いをしているかのようなつわりに、産後の赤ちゃんにつきっきりの生活。中には「何もしてないじゃん」「いいよな、楽で」と言う男性もいるんです!

つわり期に無理をすると流産しますし、何一つできない赤ちゃんのお世話をするのはすごく大変なこと。夫にはそれを理解してもらう必要があります。

 

妊娠について知ってもらおう

妊娠中は、一緒に検診に来てもらったり、妊娠本を読んでもらったり、他の出産経験者の話を聞いてもらったりしましょう。他人事ではなく、今自分の妻に起こっていることを知ってもらうことが大切です。

 

妊娠アプリで情報共有

最近は妊娠アプリで、夫婦間で情報を共有することができます。妻側には妊娠中におけるアドバイス、夫側には妊婦である妻をサポートするアドバイス、とそれぞれの状況に合わせて妊娠の経過を見守ることができるものもあります。自分の口からうまく夫に伝えられない、という人はアプリの力を借りるのもひとつの手かもしれません。

 

産後は積極的にお世話を頼もう

産後は赤ちゃんの世話を頼みましょう。話を聞かせたり、体験してもらったりすることで、「何もしてない」どころか、「命を育むという大切なことをしている」ということを知ってもらいましょう。

胎児の成長を一緒に楽しむ

放っておいても父親の自覚は芽生えにくいもの。そのため妊娠期から一緒に胎児の成長を楽しみ、「一緒に出産へ向かっている」という意識付けをしましょう。例えば、検診のエコー写真を見せる、一緒に検診に行く、赤ちゃんの状況を詳しく話すなど。妊娠するのは女性ですが、成長を一緒に楽しむということは、後々の育児においても大切なのです。

 

スキンシップ&セックスする

妊娠初期や臨月以外など、体調が安定し、切迫流産・早産の可能性がない限り、セックスは可能です。実は妊娠中に怖いからとセックスレスになり、産後もずっとセックスレスのカップルは非常に多いのです。体調がよければセックスをしたり、イチャイチャするなど、積極的にスキンシップはとっておきましょう。

女性だけでなく男性も「胎児に何かあったら…」と思って、自分からセックスしたいと言えない場合もあります。そういう場合は、女性側からセックスしても大丈夫なことを伝えてあげる必要があります。

 

マッサージをしてもらおう

妊娠中は急激な体の変化もあり、足がむくんだり、腰が痛くなるなどの体調不良を伴うものです。こういった時は、夫にマッサージをお願いするのもいいかもしれません。マッサージを通じて妊娠期にどれだけ体が変化し、大変かということは知ってもらいましょう。スキンシップにもなります。

妻の心のケアは夫の役目と自覚してもらう

妊娠して不安にならない女性はいません。個人差はあれど「流産しないか、出産できるか、育児ができるか」など、初めてのことに多かれ少なかれ不安を感じるものです。そんな時は一人で抱え込まず、夫に相談しましょう。

 

女性の心のケアは、妊娠期はもちろん産後も夫の大切な役目です。育児においても、不安になったり、行き詰まらない女性はいません。産後の自身の体調もままならないこともあり、ボロボロの身体で育児をせざるを得ないこともあります。そんな妻の不安を分かち合い、ともに乗り越えていく相手は夫であることを理解してもらいましょう。

 

どうしたらいいのかわからない夫は多い

仕事に打ち込むことで家族を守っている、と思っている男性は少なくありません。その考えだと、仕事ばかりで家庭と妻をないがしろにする夫に妻は苛立ち、家族のために仕事を頑張っているのに妻に怒られてしまい夫は不満を持ってしまい、どんどん険悪な雰囲気に。

実は、どうしたらいいのかわからないだけで、男性はやるべきことが明確になると、意外とサポートしてくれるようになります。働いてくれていることに感謝しつつ、具体的に家庭でしてほしいことをお願いしてみてください。

 

最初から完璧を求めないで!

「お願いしたのにやってくれなかった」、「やってくれたけど全然できていない」なんていう妻の、夫に対する嘆きはよく聞く話。しかし、最初から完璧にできる人はいないのです。もしかしたら妻側の伝え方が、夫にはいまいち伝わりにくかったのかもしれません。最初から満点を求めず、夫婦ともに少しずつ改善していきましょう。

 

 

【ママ部調査】妊娠してから旦那さんに変化はありましたか? 

 

可奈さん

最初はやはり自覚も薄く、周りに赤ちゃんと触れ合う環境もなかったり仕事も忙しいこともあり、ただ私がつわりで具合悪そうだから気にしている。という感じでした。

 

安定期までは家族と直属の上司以外は言わないでねと言ったのに、何故かベテランの女の先生につい話してしまったらしく、その先生からこういうサポートをしなさいね!と教わった所から意識が変わったようです。

 

結果的にはその先生に感謝です。(一部抜粋)

可奈さんの体験談[妊娠中の夫との過ごし方]

 

パパ育成は夫婦の成長にも繋がる

仲良くしたくなくて、結婚する人はいません。結婚するからには、仲良く過ごしたいはず。しかし、子どもができると色々と環境が変化します。その環境の変化で、夫婦間にすれ違いが訪れるかもしれません。そのため、環境の変化に応じて夫も妻も成長する必要があるのです。

成長するには、夫婦でしっかりと話し合うことが大切です。妊娠中から、正直な気持ちを伝え合うようにしてください。 そしてお互いへの感謝の気持ちを忘れずに。

 

(Photo by:http://www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夫婦生活に関する記事

つわりの時期は振り回しがち…感謝の気持ちを伝えよう!妊娠中、一番近くで支えてくれる人へ

妊娠して、大変な思いをしながらお腹で命を育むママ。そんなママを一番近くで支えてく...

夫婦の絆がグッと深まる!妊娠中こそデートを楽しもう☆

妊娠していると体調不調に悩まされたり、日に日に大きくなるお腹に負担を感じたりと外...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

夫婦生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る