カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肝臓がん >
  4. 治療 >
  5. 進行肝がんへの具体的な治療方法ってどんなもの?

ガン・悪性腫瘍

進行肝がんへの具体的な治療方法ってどんなもの?

     

実際に進行肝がんになった方がどのような治療を受けていくのかは、普通はなかなかイメージできないと思います。

 

そこで、どのような方法で治療が決められていくか、どのような治療法があるかを簡単に挙げてみます。

 

1. 短期予後因子の有無を確認する
腫瘍の破裂や急性腹症、胆管内腫瘍栓による閉塞性黄疸の有無など、予後を左右させる因子がないかをします。


2. 積極的治療を行うか否か
抗癌剤治療を行うかどうか、可否・適否を決めます。


3. 抗癌剤を使用する場合…その目的・効果を確認
抗癌剤治療の目的として、

(1)延命

(2)癌による苦痛の緩和

(3)QOLの改善・維持

……を念頭に、抗がん剤を選択し、その腫瘍壊死効果と延命効果を確認し治療していく。


4.全肝抗癌剤治療…肝臓局部に注目した治療
1) 肝動注化学療法
2) 肝動脈塞栓療法


5. 全身抗癌治療
1) 全身化学療法
2) そのたの全身療法
 ホルモン療法(tamoxifenなど)
 腫瘍血管新生抑制(thalidomide)

 

進行肝がんでは腫瘍の拡がり、患者の肝予備能、肝がん以外の肝硬変合併症などを総合的に評価して、安全でかつ最適だと考えられる治療法を選んでいくべきです。

 

高齢者や肝予備能力不良で抗癌治療への迷いやためらいが残る場合は、「平穏な日常の維持」を優先し、外来で経過をみていくのも選択肢としては決して間違いではありません。

 

患者自身やその家族が負担にならない最良の治療法を、治療者とよく検討しながら、どうするかを考えていきましょう。

 


(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/07-381741.php?category=215)

 

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

初期は自覚症状がなくて危険!肝臓癌

 ■構造は?肝臓は人間の臓器の中で一番大きな臓器です。おなかの右上にあり、肋骨に...

肝臓がんの治療法~手術と手術以外の肝細胞癌の治療方法とは?

肝臓がんは、肝臓にある細胞が癌化してしまう病気ですが、その一形態である肝細胞...


患者によって治療法は違います!進行期肝細胞がんとは?

     進行期肝細胞がん(以下、進行肝がん)とは、「肝がん病巣が肝臓の全ても...

原発性肝臓がんと転移性肝臓がんの違いは?治療法と診断方法

    肝臓がんではないかと自分で疑ったり、医師から可能性を告げられたりする...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る