カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 免疫 >
  5. 将来悪性腫瘍は免疫で予防できる?悪性腫瘍と腫瘍免疫の研究最新動向

ガン・悪性腫瘍

将来悪性腫瘍は免疫で予防できる?悪性腫瘍と腫瘍免疫の研究最新動向

     

免疫とは、人間が本来備え持っている防御反応の一つで、人体に最近や異物が侵入した際に、それが有害か否かを判断して攻撃・排除しようとすることを言います。

 

悪性腫瘍は、本来自分の細胞が何らかの遺伝子変化を起こし、体内で別のタンパク質に変化し、どんどん侵食していくことで体内の正常な機能を犯し、死に至らしめる疾患です。

 

もともとは自分の細胞なので、がん細胞は異物とは認識されず、そのまま排除されないままで増殖してしまう場合もありますが、多くの場合は体内の免疫機構による認識を受け、排除されます。

その免疫機構を腫瘍免疫と呼びます

 

これらはヘルパーT細胞などの通常の免疫細胞以外に、NK細胞やNKT細胞、白血球などの顆粒球、マクロファージなどの自然免疫も関与しており、自身の体内にあるがん細胞を見つけ出しては排除し、進行を阻止しようとしてようとする偉大な免疫です。

 

ですが、現状では腫瘍免疫のみで癌と戦うことはまだ無理です。

抗癌剤治療や放射線治療、外科的治療などの人体へ侵襲の強い治療法しかないことが悲しい事実ででもあります。

 

また最近は、腫瘍促進タンパクFEATが注目されており、このFEATに対する免疫反応を利用して、悪性腫瘍を予防できないかという研究も盛んに行われています。

このFEATに関しては、急性白血病で、特異的な発現をすることが解明されているようで、この先さらなる研究成果が期待されます。

 

悪性腫瘍の研究に関しては遺伝子レベルから免疫機構に至るまで、細かい研究が現在も進行形で行われています。

 

人が本来もっている免疫機構を利用して悪性腫瘍を排除できるならば、人体への侵襲も少なく済むはずです。 

 

今後益々の研究成果が期待されるところです。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349734.php )

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

免疫に関する記事

がん治療はめざましい勢いで進歩しているのを知っていますか?現代ではがんは治せます!

  がんイコール死の病、と恐れられているがん。 その理由は、がん細胞の能...

抗癌剤の副作用に負けないために自己免疫力の向上を!

      悪性の腫瘍(がん)が見つかると、大概はその治療として化学療法である...


腫瘍免疫のプロが編み出したサイモントン療法とは?心理的な側面からガンを治療する!

  ガン治療をするときの抗がん剤の影響で免疫が落ちることもれば、自分の免疫でガ...

悪性腫瘍に対する先進医療 副作用が少なく、体に優しい治療法

      従来、コーヒーや紅茶、緑茶などに多く含まれるカフェインは、体調の悪...

カラダノートひろば

免疫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る