カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 免疫 >
  5. 悪性腫瘍に対する先進医療 副作用が少なく、体に優しい治療法

ガン・悪性腫瘍

悪性腫瘍に対する先進医療 副作用が少なく、体に優しい治療法

     

従来、コーヒーや紅茶、緑茶などに多く含まれるカフェインは、体調の悪い時に摂取すると、免疫力を低下させ疲労回復を遅らせるといわれています。

 

しかし、最近の医療では、悪性腫瘍に対する抗がん剤などの化学療法を行う時、カフェインを併用して治療を行うことで、がん細胞の再生が防止され、治療に画期的な効果を示すことが知られています

 

カフェインには、抗がん剤によって破壊された腫瘍細胞が、DNAを再生しようとする動きを妨げる効果があると言われ、抗がん剤と併用することで、生き残ろうとする腫瘍細胞も死なせるという効果があるようです。

 

臨床結果でも、抗がん剤とカフェインを併用することでその効果が明らかに違うということで、最近は治療効果が高いと認められ、先進医療として治療に取り入れる施設も多くなっているようです。

特に、骨・筋肉・柔部組織の悪性腫瘍に効果があるとされています。

化学療法とカフェインの併用は、併用しない時に比べ、副作用も少ないとの報告がされています。

 

化学療法や放射線療法の場合は、特にこの副作用に注目されますが、最近ではこの副作用が殆どないと言われる「免疫細胞療法なるものが大学病院やクリニックなどで実施されているようです。

 

この治療法は、もともと体に存在している自己免疫細胞を培養・活性化して、再び体内に戻すという治療法です。外科的療法・化学療法・放射線療法に続く第4の治療として、最近その効果に着目されています。

 

この治療法は副作用が少なく、体に優しい治療法として注目されおり、カフェイン併用療法と同様に先進医療としても、実施されています。

 

悪性腫瘍に関してはこのように様々な治療法が研究され、保険適応外ではありますが治療が認められ、実施されだしています。

 

後益々さまざまな治療法が研究され、悪性腫瘍に対する治療法もどんどん進化を遂げていくことでしょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/28-370801.php)

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

免疫に関する記事

知っておきたい、ガン・悪性腫瘍の免疫療法にかかる時間は最低でも〇カ月!

  ガン・悪性腫瘍を自分の本来の免疫細胞で治療する方法が免疫療法です。保険診療...

抗癌剤の副作用に負けないために自己免疫力の向上を!

      悪性の腫瘍(がん)が見つかると、大概はその治療として化学療法である...


治療中の免疫力を保つためのおすすめの食べ物って?食べて免疫力を高めよう

  免疫力はガン治療中の人にとっては大きな課題となります。ガンの標準治療である...

ガン・悪性腫瘍の免疫療法は高額って本当?

  ガン・悪性腫瘍の新しい治療法として注目されているのが自分自身の免疫細胞を使...

カラダノートひろば

免疫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る