カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. 基礎知識 >
  5. 有害ミネラルが体内蓄積すると、どのような症状が現れるか?

アレルギー

有害ミネラルが体内蓄積すると、どのような症状が現れるか?


重金属は体内蓄積して、数十年後健康障害として現れる?

 

現在日本では、重金属による健康被害というと過去の話のように思う方も多いかもしれませんが、様々な製品や建築物などに使用されてきた物質が体内に蓄積し、数十年経過した今でも上手く体外排出できずに留まっているケースも多いと言われています。過去の重金属被害の例と言うと、「水銀、鉛、ヒ素」などが良く知られているのではいでしょうか?

 

水銀は、2000年に入るまで歯の詰め物「アマルガム」として使用されていましたが、現在ではアレルギー疾患などとの関連性を指摘され、ほとんどの歯科ではセラミック性の詰め物が代用されています。また、の例では、数十年前までビニールや塗料に原料として含まれており、子供が微量でも吸引すると深刻な健康被害をもたらすとして問題になりましたが、現在では「脱鉛ビニール」などが主流となっています。また1960年代から多くの建造物に木材の防腐剤として使用されていた「ヒ素化合物も現在では、使用されなくなりました。


以下では、有害ミネラルが体内に過剰に蓄積された際の健康被害についてご説明したいと思います。

 

健康障害の例~喫煙による鉛の蓄積で、知能障害が生じる

 

現在でも、重金属被害を受けやすい原因のひとつの例として、喫煙」があります。喫煙は、タバコの葉を栽培する為に使用されるリン酸肥料などに「鉛」や「カドミウム」などの重金属が含まれているため、煙となって排出された際にもその有害性を示します煙による被害で、特に気をつけたいのが、子供の受動喫煙です

ある調査では、家庭内で喫煙すると、喫煙者の約数分の一~数十分の一の有害物質を周囲の者が吸引することになるという報告があります。また、ハーバード大学の研究によれば、鉛は血液を通じて血液脳関門を通過する性質があり、脳に沈着を起こして知能障害を生じさせる可能性があることが指摘されています。

 

1本のタバコには約1.0~2.0μgの鉛が含まれますが、そのうち主流煙中には約2~6%、副流煙中には約10~16%の鉛が含まれていると言われていますので、喫煙している当人より、周囲への影響が大きいと思われます。その他、妊娠中に喫煙すると、子供の知能に大きな影響を与えると言われ、子供が11歳まで成長した際に見られた知能データの比較においては、吸った本数が多いほど知能低下の可能性があることが明らかになりました。


<妊娠中の喫煙本数による知能指数(IQ)の変化>
一般的な知能指数は100~110程度と言われています。喫煙本数が増加するに従い数値の低下が見られます。


◆0本
IQ:100~102
◆1~9本
IQ:96.5~100
◆10本以上
IQ:95.5~100

 

有害ミネラル過剰時のその他の健康障害について


その他、有害ミネラルが体内に過剰に蓄積されることで、以下のような症状が出現します。


1)カドミウム(喫煙、ゴム、プラスチック製品からの排煙による)
◆過剰時の症状・・・腎臓障害、骨粗しょう症、骨軟化症、貧血、脱毛、食欲不振、疲労、血圧上昇、神経過敏
⇒亜鉛により排出促進

 

2)水銀(魚介類、歯科用アマルガムによる)
◆過剰時の症状・・うつ状態、皮膚炎、眠気、しびれ、情緒不安
⇒セレニウム、亜鉛により排出促進

 

3)アルミニウム(アルミ器具、乾燥剤、膨らし粉による)
◆過剰時の症状・・・腎臓障害、食欲不振、息切れ、筋肉痛、胃腸障害
⇒マグネシウム、鉄により排出促進

 

4)鉛(喫煙、水道水、殺虫剤による)
◆過剰時の症状・・・貧血、不安感、めまい、骨や筋肉の痛み、頭痛、脳発達遅延
⇒カルシウム、亜鉛、鉄により排出促進

 

5)ヒ素(木材の防腐剤、肉類、殺虫剤、穀物類による)
◆過剰時の症状・・・色素沈着、皮膚がん、疲労、手足の灼熱感、胃腸障害
⇒セレニウムにより排出促進

 

体内重金属の検査方法とは?

 

体内に重金属がどれだけ蓄積されているかの評価方法として、毛髪検査や尿検査などがあります。 

 

◆毛髪検査
過去3~6ヶ月でどのような有害金属に暴露されたかを評価するのに有用とされています。2週間程度で検査結果が出るようです。

 

◆尿負荷検査
実際に重金属の体内蓄積量を調べるには、尿負荷検査と呼ばれる尿検査を行う必要があります。キレート剤を点滴もしくは内服後6~8時間後に採尿し、含有量を調べます。2週間程度で検査結果が出るようです。


最後に


上記でも述べましたが、重金属による健康被害は、特に水銀の含まれたアマルガムによるものが報告されており、歯の詰め物をアマルガムからセラミックに変えたところ、アトピー性皮膚炎が治まったという症例も多く聞かれます。しかし、歯科によるアマルガム除去手術や、先にあげたキレーション療法は有害ミネラルが遊離した際にその毒性に暴露される恐れがあり、非常にリスクのあるものとしても考えられています。また、アマルガムの除去療法に関しては、アマルガムの成分である水銀が『無機水銀』であり、毒性はないので治療は不要であるという医師の声も聞かれます。無機水銀の毒性に関しては、水俣病が発生した当時から現在まで未だ結論が出ていない問題であり、有害性の有無を断定するのは極めて困難であると言えます。

 

以下の記事も併せて読んでみてください!

アレルギー疾患などを改善する「キレーション療法」とは?

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC-%E5%86%B7-%E7%97%85%E6%B0%97-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%81-%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87-18656/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

ストレスの元を断てばアトピー性皮膚炎が治る?!

  アトピー性皮膚炎はアレルギーの疾患として有名ですが、時には精神的ストレスに...

赤ちゃんのアトピー!この原因と、食べものとの関係は?

赤ちゃんのカサカサした赤い湿疹。 「これって乳児湿疹?アトピー性皮膚炎?」 「...


過剰な栄養素を排出するルート

  ■人の身体には必要とされる異常の過剰な栄養素を排出するルートがいくつも...

脂肪を体外に排出しようとして湿疹がおこる!なぜ?

人は動物ですが、動物性脂肪はその人間の健康にとって非常に都合が悪い存在でもあり...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る