カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 爪白癬 >
  5. 見た目では気が付かない!爪水虫に似ている病気や症状

気になる病気・症状

見た目では気が付かない!爪水虫に似ている病気や症状

真菌感染症としての「爪水虫(爪白癬)」に間違えやすい病気があります。爪は体調が現れやすいところですから、日頃から変化に注意しましょう。

 

厚硬爪甲(こうこうそうこう)

爪水虫と間違いやすいのがこの厚硬爪甲。爪が固く分厚くなります。通常の爪は半透明でうすいピンク色ですが、爪やその下の部分に異常がおこり、白くごわついた厚みのある爪になり、爪の成長がとても遅くなります。

 

菌検査をしても菌が見つかってこないので、爪水虫とは違うとわかります。また、爪水虫は水虫菌が爪のケラチンを分解していくので、次第にボロボロと爪が崩れていきますが、爪が脆くなることはありません。

 

問題は、これは根本的に治す方法がないことです。一過性の場合もありますが、先天性の場合もあります。現在のところ、症状としての爪の厚みをヤスリなどで削る、あるいは溶かして薄くする、といった対処療法になります。これは必ず医師に指導してもらいましょう。先天性厚硬爪甲の場合には、生まれてすぐ分かることが多く、定期的な診察が必要となります。

 

爪甲剥離症

爪が爪床(爪の下の組織)から剥がれてしまい、爪が白〜黄色の濁った色に変化します。見た目では爪水虫ソックリですが、爪が浮いた状態であるのと、菌が見つからないことで区別されます。

 

原因はいくつか挙げられます。

・物理的要因:楽器などで指先や爪を激しく使う。スポーツなどで爪をはがす。

・甲状腺機能亢進症:甲状腺ホルモンが過剰に分泌されている。自己免疫疾患などの場合もある。

・加齢:年齢とともに爪に十分な栄養が行き届かなくなる。

 

いずれもきちんと医師に診断してもらうことが大切です。

 

爪は健康のバロメータ

爪は体調が現れる部分で、爪の色や伸び具合、表面の凹凸などから、隠れた病気が分かることもよくあります。とくに、甲状腺異常や糖尿病は、爪の色や形に変化が現れます。

 

爪が変だな、という時には、迷わずにまず皮膚科へ行きましょう。原因が体の別なところにある場合も多いため、まず、真菌症かどうかの菌検査を受け、菌が見つからない場合には、甲状腺などの内分泌系の病気が隠れていないか、診察を受けることをおすすめします。

 

稀に見た目で診断をする医師がいますが、爪白癬と似た症状はよくあるため、最近の検査をする前に診断をされたら注意が必要です。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

爪白癬に関する記事

爪水虫になったら気をつけたいこと

  爪水虫になってしまうと、角質がボロボロ落ちやすくなり、その落ちた角質に白癬...

爪水虫の治療は薬剤をラップで密封する『ODT療法』が効果的!

『酢』による水虫治療は、根拠が無い? 爪水虫(爪白癬)を治療するには、白癬菌の...


糖尿病の方は注意したい、壊疽の原因にもなる梅雨時の「爪白癬」

糖尿病の方は注意!壊疽の原因にもなる「爪白癬(爪水虫)」 皆さんは、爪白癬(は...

水虫の末期・爪白癬の治療法とは?

  水虫の原因である白癬菌が柔らかい皮膚だけでなく、硬い爪にまで感染し浸食...

カラダノートひろば

爪白癬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る