カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. おたふくかぜの腫れは冷やして解決!適切な冷やし方・食事と水分補給の際の注意点

育児

おたふくかぜの腫れは冷やして解決!適切な冷やし方・食事と水分補給の際の注意点

おたふくかぜのあごの下の腫れは、人によってとても痛みが激しいこともあります。ごく軽く済む場合もありますが、ひどく痛み大きく腫れる人もいます。子どもだけでなく、大人になってかかった場合にも苦しいことがあります。

 

痛いのは唾液を出す腺

おたふくかぜで腫れるのは、あごの骨の下側にある耳下腺と顎下腺。どちらも唾液を出すところです。唾液を出すことが刺激となって痛みが出ますので、痛い間はこの二つの唾液腺を刺激しない食べ物や食べ方を選ぶことが、大切です。

 

病気を治すためには、しっかり栄養と水分を摂る必要があるのですが、唾液をたくさん出させる食事は、痛みを強くするので、食事を摂りにくくしてしまいます。次のことに気をつけて、しっかり栄養を摂りましょう。

 

食事と水分補給の注意点

食べられない時は液体で栄養を摂る

口を開けるのも痛かったり、噛むことは唾液を出すことになってしまうので、ストローで飲めるものがよいでしょう。少し温めた牛乳やスープを少しずつストローなどで飲むのが簡単です。

 

食事は味が薄く、酸っぱくないものを

梅干しを食べるとたくさん唾液が出ます。このように酸味や塩味などの刺激的な味は唾液をたくさん出させますので、おたふく風邪のときは厳禁です。オレンジジュースやみそ汁なども同様に痛みを起こすので、避けましょう。

 

水分をしっかり摂る

水分の少ない食べ物は、飲み下すのに唾液を多く必要とします。

また、熱で体から水分が失われていますから、口の中がからからになりがちです。こうした刺激が腫れた唾液腺に痛みを起こさせますから、十分に水分を補給することが大切です。

 

腫れと痛みを抑えるには、何よりも冷やす

食べ物と水分補給で十分に痛みを起こさせないようにしても、しばらくはじっとしているだけでも痛みが続きます。

とくに腫れがひどい場合は、眠れないほど常にじんじんと痛みが起きます。

この痛みは、冷やすことでかなり押さえられます。

 

クラッシュ氷などで冷やしてあげよう

熱を取るシートでも多少の効果はありますが、できれば氷水を入れた氷嚢をタオルで包み、あごを冷やすのが一番です。

また、お子様の小さなあごでは、氷嚢の氷がごつごつして痛い場合もあります。小さなお子様には、氷を細かく砕いてビニール袋に入れ、柔らかなタオルで包んであごの周りに当ててあげましょう。

 

しっかり冷やすと一時的な麻酔効果になり、痛みが和らいで食事も摂れるようになります。

(Photo by: http://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつる病気に関する記事

アデノウイルスによる出血性膀胱炎

プール熱や流行性結膜炎などのウイルスの一種であるアデノウイルス。大人よりも子...

子どもの鼻風邪…夜に寝苦しそうな時はどうしたら良いの?眠る前にやっておきたい予防策

お子さんが鼻風邪をひいた時、夜寝苦しそうにしていたり、何度も起きては泣き叫んだ...

病気と症状の体験談

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

RSウイルスで入院

入院中(>_<)生後すぐ、まさかの入院出産し、晴れて母子共に退院してから数日後…生後10日くらいで、...

うつる病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る