カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) >
  6. おたふくかぜの腫れは冷やして解決!適切な冷やし方・食事と水分補給の際の注意点

育児・子供の病気

おたふくかぜの腫れは冷やして解決!適切な冷やし方・食事と水分補給の際の注意点

おたふくかぜのあごの下の腫れは、人によってとても痛みが激しいこともあります。ごく軽く済む場合もありますが、ひどく痛み大きく腫れる人もいます。子どもだけでなく、大人になってかかった場合にも苦しいことがあります。

 

痛いのは唾液を出す腺

おたふくかぜで腫れるのは、あごの骨の下側にある耳下腺と顎下腺。どちらも唾液を出すところです。唾液を出すことが刺激となって痛みが出ますので、痛い間はこの二つの唾液腺を刺激しない食べ物や食べ方を選ぶことが、大切です。

 

病気を治すためには、しっかり栄養と水分を摂る必要があるのですが、唾液をたくさん出させる食事は、痛みを強くするので、食事を摂りにくくしてしまいます。次のことに気をつけて、しっかり栄養を摂りましょう。

 

食事と水分補給の注意点

食べられない時は液体で栄養を摂る

口を開けるのも痛かったり、噛むことは唾液を出すことになってしまうので、ストローで飲めるものがよいでしょう。少し温めた牛乳やスープを少しずつストローなどで飲むのが簡単です。

 

食事は味が薄く、酸っぱくないものを

梅干しを食べるとたくさん唾液が出ます。このように酸味や塩味などの刺激的な味は唾液をたくさん出させますので、おたふく風邪のときは厳禁です。オレンジジュースやみそ汁なども同様に痛みを起こすので、避けましょう。

 

水分をしっかり摂る

水分の少ない食べ物は、飲み下すのに唾液を多く必要とします。

また、熱で体から水分が失われていますから、口の中がからからになりがちです。こうした刺激が腫れた唾液腺に痛みを起こさせますから、十分に水分を補給することが大切です。

 

腫れと痛みを抑えるには、何よりも冷やす

食べ物と水分補給で十分に痛みを起こさせないようにしても、しばらくはじっとしているだけでも痛みが続きます。

とくに腫れがひどい場合は、眠れないほど常にじんじんと痛みが起きます。

この痛みは、冷やすことでかなり押さえられます。

 

クラッシュ氷などで冷やしてあげよう

熱を取るシートでも多少の効果はありますが、できれば氷水を入れた氷嚢をタオルで包み、あごを冷やすのが一番です。

また、お子様の小さなあごでは、氷嚢の氷がごつごつして痛い場合もあります。小さなお子様には、氷を細かく砕いてビニール袋に入れ、柔らかなタオルで包んであごの周りに当ててあげましょう。

 

しっかり冷やすと一時的な麻酔効果になり、痛みが和らいで食事も摂れるようになります。

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)に関する記事

乳幼児の流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の自宅でのケア方法・食事

「流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)」は、いわゆる「おたふくかぜ」...

耳の下が腫れる「おたふく風邪」予防にはワクチン接種が有効!

耳の下が腫れて独特の顔つきに…もしかしておたふくかぜ? おたふく風邪の...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る