カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 不整脈 >
  5. 危険!注意を要する不整脈

気になる病気・症状

危険!注意を要する不整脈

 

実は不整脈は年をとればほとんどの人に見られるものです。健常者が1日~2日にわたって心電図を記録してみると、中年以上の年齢であれば毎日1回から2回は不整脈が見つかります。こういった程度のものも数えれば誰にでも見られると言っても過言ではないのが不整脈なのです。ではどんな不整脈に気をつけなければならないのでしょうか。

 

 

健康管理のために毎日自分の脈をとっていますと言う人は少ないと思います。自分の脈が乱れたからと言って、それによって常に自覚症状があるかというとそういったわけでもなく、むしろほとんどの場合で気づきません。そのためほとんどの場合は、毎日脈をとっていますと言う人でない限り気づかないでしょう。不整脈の程度がひどくなって、やっとそこで何かおかしいなと気づくくらいです。

 

危険なのは

極端な頻脈(脈が異常にはやい)が起こっているか、一時的に心臓が止まっているなどによって起こる以下のような症状が最も危険です。

何もしていないときにふっと意識が遠のく

急に意識を失う

こうした失神症状が出た場合はすぐに医療機関を受診する必要があります。これは単純に意識を失うだけではなくそのまま転んで頭を打つなど二次的な外傷も考えられますので、普段から息切れをしやすいなど頻脈の傾向がある人は十分注意が必要です。

 

次に除脈(脈が異常に遅い)が起こっていて引き起こされるのが以下の症状です。

体を動かす際にひどく息切れを感じる

この場合、脈が遅すぎることで心不全を引き起こしている可能性があります。

 

さらに頻脈によって引き起こされているであろう以下の症状も注意すべきものです。

急に起こる動悸

動悸が突然始まり突然終わる

脈が不規則な上に速い

これは頻脈の中でも病的と考えてよく、多くは脈拍数が150から200前後になります。これによって血圧が下がり、脈が正常にふれにくく、これと同時に息苦しさや冷や汗と言った症状があらわれます。

 

 

 

不整脈はそれ自体もそうですが、それによって引き起こされる心臓機能の低下や血液循環への支障が問題になります。自覚症状がある場合はすぐに医療機関を受診するのがよいでしょう。

 

  

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/15-017009.php?category=52])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不整脈に関する記事

不整脈のリスクとなる「潜在性(隠れ)QT延長症候群」、注意すべき既往と薬剤は?

QT延長症候群とは、先天性・後天性(二次性)の要因によって心電図を取った...

原因不明の不整脈はストレスが関係している可能性が!

  不整脈の中には原因のはっきりしないものも多くあります。特に加齢に伴って増え...


徐脈性不整脈の危険な失神症状

    何らかの疾患により心臓の脈拍が不安定になる徐脈性不整脈は、血流の低下...

心配する必要のない不整脈・してはいけない不整脈

  不整脈は早急に医師に診てもらうべきものから、日常生活に何ら支障のないものま...

カラダノートひろば

不整脈の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る