カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食道 >
  4. 逆流性食道炎 >
  5. 逆流性食道炎治療ではどんな薬を使うの?

気になる病気・症状

逆流性食道炎治療ではどんな薬を使うの?

 

逆流性食道炎では何らかの原因で胃液が食道まで流れてしまい、食道が荒れてしまいます。逆流性食道炎の薬の治療方法は非常に効果が高く、主に胃酸の分泌を抑える薬を使用します。

 

 

ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)

胃の壁の細胞には胃液を分泌する分泌腺があります。この胃の壁細胞にはH2受容体と言う部分があり、これにヒスタミンと言う物質が結合することによって胃液が分泌されます。ヒスタミンH2受容体拮抗薬は、ヒスタミンが胃のH2受容体に結合するのを防ぐことによって胃液の分泌を抑制するものです。以前は病院でしか処方されなかった薬ですが、市販薬として薬局で購入することもできます。ただし、多くの薬剤と同じように病院で処方されるものと市販されるものの薬の含有量は異なることが多いため、市販薬でダメならば病院を受診することを考えるとよいでしょう。

 

プリトンポンプ阻害薬(PPI

上記の胃の壁細胞には、胃酸を分泌するプロトンポンプと言う場所があります。この薬はプロトンポンプの働きを抑えることで胃酸の分泌を抑制します。再発を繰り返す場合にも再発防止のために薬の服用を続けることがあります。

 

粘膜保護薬

食道の壁は胃液によって炎症を起こしますが、胃の壁は通常胃液によって炎症を起こしません。そのため食道の壁の粘膜を覆ってあげることで胃液から食道を守ってあげることができます。ただこの薬は効果の持続時間が短いため、多くは胃酸をおさえる薬と併用されます。

 

制酸薬

胃酸を中和して、食道粘膜が傷つく程度を軽くしたり、症状を穏やかにする働きがあります。症状を速やかに沈めますが、効果の継続時間が短いため、これも胃酸をおさえる薬と併用されます。

 

 

最も多く使われる薬は胃酸の分泌を抑える薬ですが、症状に応じてこれらの薬を使用します。

 

  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/02/28-376738.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

逆流性食道炎に関する記事

胸焼けや激しい食道痛・・・逆流性食道炎による諸症状

  胸焼けの症状を引き起す胃食道逆流症の中で最も多いのは逆流性食道炎です。 ...

フェンネルやタンポポに健胃効果がある!?野草が逆流性食道炎予防に

  自然に生えている野草の中でも胃の健康に役立つ野草があります。今回はその...


ストレスや過飲過食も!胃食道逆流症の原因

  胸焼けになる原因の疾患と言えば、胃食道逆流症の逆流性食道炎でしょう。 ...

逆流性食道炎の治療法

■逆流性食道炎はどんな治療をするの?逆流性食道炎の治療では、生活習慣の改善を基本...

カラダノートひろば

逆流性食道炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る