カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

アレルギー

蚊アレルギーの症状

tiger-mosquito-49141_640.jpg

蚊に刺されると、誰でも皮膚が腫れたりします。
ですが、その症状がいつまでも収まらない場合や、ひどい腫れになってしまった場合は、蚊アレルギーである可能性があります。

●蚊アレルギーの症状

蚊アレルギーの症状は蚊に刺されたときと似てはいますが、症状がひどく長引いたり症状の出方が重いという点で異なっています。
例えば、普通は蚊に刺されても1か月も皮膚が腫れているということはありません
ですが蚊アレルギーの人の場合、蚊が人を刺すときに出す唾液腺物質に過剰反応してしまうことから、2週間から1か月という長い期間、蚊に刺された時のような症状が出ます。
人によっては蚊に刺されたとは思えないくらいに腫れあがったり、刺された部分が赤紫色になるということもあります。

●子供の蚊アレルギーには注意


蚊アレルギーを持っていて、尚且つ抵抗力の弱い子供・乳児の場合には、蚊に刺されたことが重篤な障害の原因になる場合もあります。
乳児で蚊に刺されたときに発熱したなどの症状があれば、病院での検査を受けておくことをお勧めします。
じんましんが出る子供、痛みを訴える子供も少なくはありません。


●蚊アレルギーの即時反応・遅延反応


アレルギー性喘息には、すぐに反応する即時反応とアレルゲンが入ってきてから3-6時間後に反応する遅延反応があります
即時反応の発作が来てから3-6時間後に遅延反応の発作が来る場合もあるので注意が必要です。
同じように、蚊アレルギーでも即時反応と遅延反応があります
ただしこの蚊アレルギーの場合は、遅延反応のみが起こることも考えられます。
つまり刺されたときには何も感じないのに、翌日以降ひどい症状に悩まされるということがあります。


(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/05/18/21/45/tiger-mosquito-49141_640.jpg)


著者: あゆみさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

心因性アレルギーを回避するストレス解消方法

心因性アレルギーの原因は心理的負担にあると言われています。何らかの状況でストレス...

アレルギーは現代病

  ■アレルギーはある日突然始まってしまう病気です。 それまで無害だった...


温熱アレルギーと運動

温熱アレルギーと運動の関係について見ていきましょう。 ●運動と温熱アレルギー ...

少し珍しいアレルギーの種類

アレルギーは本来は多少の摂取や接触であれば問題がないものを、体の機能が『外敵』を...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る