カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食道 >
  4. 食道アカラシアはどのように進行する?喉に何もないのに違和感が…不安から起る食道違和感

気になる病気・症状

食道アカラシアはどのように進行する?喉に何もないのに違和感が…不安から起る食道違和感

 

食道アカラシアは10万人に1人が発症するとされる程患者数の少ない疾患で、発症原因の確定もなされておらず、医師でも判断のしづらい病気です。そのため病名がつかずに苦しんでいる人も中に入るかもしれません。

 

 

症状

食道アカラシアの症状の多くは、口から摂取した食べ物が胃に入ることができず、食道内に停滞することによって引き起こされます。そのため以下のような症状が見られます

なにかつかえた感じ

固形物よりも液体がつかえる

嚥下困難感と言いますが、こうした症状が時期によってあらわれたり、」あらわれなかったりと症状が変動する傾向があります。

 

進行すると

病状が進行してくると以下のような症状が見られます

食道にたまった食べ物を嘔吐

胸痛

嘔吐の症状は病気が進行するにしたがって増強していく傾向にあります。また、食道アカラシアでは食道自体の運動機能が低下しているため、食道が異常収縮を引き起こすことで強い痛みを伴い、それが胸痛として自覚されることがあります。胸痛は約半数の患者さんに見られるものですが、激痛になる場合もあり、これによって病院を受診する方も少なくないようです。

また、食道に食べ物がたまっているので、特に食事の後にすぐに横になると口や鼻から食べたものや唾液が逆流して出てしまうといったこともあります。これは気管支炎や誤嚥性肺炎を引き起こす危険があります。

 

長期間になると

長期間こうした症状が続くと液体も通ることができなくなっていき、体重が減少していきます。また、知らずのうちに慢性的に食べ物や唾液の逆流を繰り返すことで、喘息のような咳の症状が見られることもあります。さらにはこうした症状によって精神的なストレスが蓄積されていきますから、これによっても症状に拍車をかけることになります。

 

 

症状としては他の病気に共通するものが多いです。食道アカラシア自体が命に関わる症状を引き起こすことはないのですが、食道に負担をかけることによって食道ガンなどのリスクは高まりますので、気になる場合は早めに病院を受診することが必要です。

 

食道アカラシアの診断のために行われる検査

食道アカラシアは胸がつかえる感覚を多くの人が訴えます。これは食道がんなどの症状でもある為、まずは内視鏡検査を受けることが多くあります。しかし、内視鏡で食道の内側を見ても食道が拡張している症状はわかりにくく、これが食道アカラシアの診断を難しくしている要因の1つとも言えます。

 

 

食道造影

食道X線検査ともバリウム造影とも言われることがあります。特別な機械を置いていない病院はこのバリウムによって食道の拡張具合をみる検査が一般的で、食道の拡張の程度に加え、食道と胃をわける弁の役割の下部括約筋の状態も観察します。ただし食道造影だけでは食道内に腫瘍などの病変がある可能性が排除できません。

 

確定診断には食道内圧検査

食道内圧検査とは食道内の内圧の上昇を調べ、食道の動きや下部括約筋の弛緩状態を観察する検査です。これは鼻からチューブを入れて食道でぜんどう運動が正常に起きているかを診るもので、これによって食道アカラシア特有の運動障害が認められることで確定診断が可能になります。

 

内視鏡検査が意味がないわけではない

内視鏡によって食道アカラシアが発見しづらいからと言って、内視鏡検査が意味のないものというわけではありません。食道アカラシアは食道の機能低下をもたらしますから、それによって食道がんをはじめとする他の疾患を引き起こすことがあるのです。そうした二次的な疾患を発見するためには内視鏡検査が有効であると言えます。

 

 

発生頻度の少ない疾患であるため、検査方法も病院や医師によって様々です。バリウムによる検査を行わないという場合もありますし、CT検査によって食道の拡張を調べるという場合もあります。そのためそれぞれの病院や医師に応じて、検査方法を理解することが大切です。

 

若年者・長い経過が特徴のアカラシア

「若いからまだまだ病気とは関係ない!」なんて思いつつ、ついつい症状をほっておいてしまう人も少なくありません。

実は、若年者に起こりやすく、長い経過を特徴とする病気があるんです。

 

アカラシアとは?

食道の下の方にある平滑筋という筋肉の中に、アウエルバッハ神経叢という細胞があります。

この細胞が変性したりなくなることによって、食道が正しく動かなくなる病気です。

20~40歳代の人に多く、性別による差はありません。

症状は数~10年前くらいから続いており、長い経過があるのが特徴です。

 

アカラシアの症状

食道は食べ物を運ぶために波打つような動き(蠕動運動)をしますが、これがなくなります。

また、胃との境目(噴門部)の筋肉が緩まりづらくなるので、食べ物が通りにくくなります。

また、胸の痛みが発生します。

特に冷たくて形のない食べ物(流動食)で飲み込みづらかったり、胸の痛みが強くなります。

また、ストレスなどの心理的要因で悪化することもあります。

 

アカラシアの治療

①薬物療法

まずは、薬物療法からはじめます。

ニフェジピンなどのカルシウム拮抗薬という薬を投与します。

心理的要因で症状が悪化することがあるため、精神安定剤を使うこともあります。

この方法で効果が出なかった場合には、②の治療へ移ります。

②非観血的拡張術

食道と胃の境目を、風船を使って膨らませることで、通過障害を改善します。

アカラシアが早期段階の方であれば、70~80%はこの治療が有効です。

この方法で改善されなかった場合は、いよいよ手術が必要です。

③手術

手術には、以下の方法があります。

○ヘーラーの下部食道筋層切開術

○ファンディック・パッチ法

○下部食道筋層切開・胃底部縫着術

最も主流となっているのは、1番目の術式です。

食道と胃の境目の部分を、筋肉まで切開し、そこに胃の一部を縫い付ける方法です。

 

この病気は長い経過が特徴なので、医療機関を受診した時には「結構前から気付いてて・・・」なんてことが多いです。

そのため、原因がつかみにくい病気でもあります。

少しでも症状が当てはまっている場合は、ぜひ医療機関に行くようにしましょう。

喉に何もないのに違和感が…不安から起る食道違和感

のどの奥に異物がある様に感じたり、何かが引っ掛かっていると感じる精神的不安から起こる病気「食道神経症」

 

魚の骨が喉に引っ掛かる辛い思いをしたことがありますか?

それがトラウマになり特定の魚が嫌いになってしまう人もいるのですが、食道神経症はそれとは異なり、精神的不安やストレスなどから発症する病気です。

 

症状と原因

食道に何かがつっかえた感じがあり、胸部圧迫感があります。

しかし、病院で検査をしても何ら異常がありません。

食道神経症を患う方は女性に多く見られます。

ストレスを溜めやすい方、自律神経失調症の方、情緒不安定の方など精神的に不安定な方に発症します。

 

注意しなくてはならないこと

胃食道逆流症や虚血性心疾患、骨格筋肉に伴う胸痛からも食道神経症に似た症状が出ますので、病院できちんと検査をおこない、何も異常がない場合に食道神経症と判断出来ます。

 

勝手な判断で食道神経症と決めつけず、症状がでたら、きちんと医師の診断を受けるようにしてください。

 

どうしたら治る?

まずはストレスを解消しなくてはなりません。ストレスはさまざまな病気を引き起こすとても体に悪いものです。ストレス解消法を幾つか挙げてみます。

 

1、適度な運動を行う

2、自然溢れる空気の綺麗な場所へ旅行に行く

3、カラオケに行って大声で歌う

4、睡眠をたっぷりとる

 

自律神経失調症の原因も大半がストレスによるものです。

どうすればストレス発散できるのか自分なりに色々試してみて、一番良い方法を定期的に行いましょう!

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2012/05/22-362191.php])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-15掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食道に関する記事

逆流性食道炎の症状、注意点、治療法!食道神経症と間違われやすい病気!逆流性食道炎、食道がん…!?

    逆流性食道炎はストレスや食生活の乱れが原因となるものです。食生活の乱...

ご存知ですか?恐ろしい食道と胃の病気、マロリーワイス症候群!高齢男性要注意の食道憩室!

    マロリー・ワイス症候群とは嘔吐を繰り返す事によって食道下端部の粘...


カラダノートひろば

食道の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る