カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食道 >
  4. 食道アカラシア >
  5. 食道アカラシアはどのように進行する?

気になる病気・症状

食道アカラシアはどのように進行する?

 

食道アカラシアは10万人に1人が発症するとされる程患者数の少ない疾患で、発症原因の確定もなされておらず、医師でも判断のしづらい病気です。そのため病名がつかずに苦しんでいる人も中に入るかもしれません。

 

 

症状

食道アカラシアの症状の多くは、口から摂取した食べ物が胃に入ることができず、食道内に停滞することによって引き起こされます。そのため以下のような症状が見られます

なにかつかえた感じ

固形物よりも液体がつかえる

嚥下困難感と言いますが、こうした症状が時期によってあらわれたり、」あらわれなかったりと症状が変動する傾向があります。

 

進行すると

病状が進行してくると以下のような症状が見られます

食道にたまった食べ物を嘔吐

胸痛

嘔吐の症状は病気が進行するにしたがって増強していく傾向にあります。また、食道アカラシアでは食道自体の運動機能が低下しているため、食道が異常収縮を引き起こすことで強い痛みを伴い、それが胸痛として自覚されることがあります。胸痛は約半数の患者さんに見られるものですが、激痛になる場合もあり、これによって病院を受診する方も少なくないようです。

また、食道に食べ物がたまっているので、特に食事の後にすぐに横になると口や鼻から食べたものや唾液が逆流して出てしまうといったこともあります。これは気管支炎や誤嚥性肺炎を引き起こす危険があります。

 

長期間になると

長期間こうした症状が続くと液体も通ることができなくなっていき体重が減少していきます。また、知らずのうちに慢性的に食べ物や唾液の逆流を繰り返すことで、喘息のような咳の症状が見られることもあります。さらにはこうした症状によって精神的なストレスが蓄積されていきますから、これによっても症状に拍車をかけることになります。

 

 

症状としては他の病気に共通するものが多いです。食道アカラシア自体が命に関わる症状を引き起こすことはないのですが、食道に負担をかけることによって食道ガンなどのリスクは高まりますので、気になる場合は早めに病院を受診することが必要です。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/22-362191.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食道アカラシアに関する記事

食道アカラシアの診断のために行われる検査

  食道アカラシアは胸がつかえる感覚を多くの人が訴えます。これは食道がんなどの...

食道アカラシアに関係する2つの筋肉

  食道アカラシアとは食道から胃の接合部分にある括約筋が、物を飲み下す際に緩ま...


若年者・長い経過が特徴のアカラシア

  「若いからまだまだ病気とは関係ない!」なんて思いつつ、ついつい症状をほ...

食道憩室を引き起こすアカラシアって何?

    食道憩室の大半は、嚥下の動きと食道の筋肉の動きがかみ合わない事によっ...

カラダノートひろば

食道アカラシアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る