カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 脂肪肝 >
  5. 様々な病気のリスクを上昇させる脂肪肝

気になる病気・症状

様々な病気のリスクを上昇させる脂肪肝

 

脂肪肝とは、食べ過ぎや飲みすぎなどの食生活が主な原因になって、肝臓に中性脂肪やコレステロールが過度に溜まった状態のことを言います。いわば肝臓の肥満症のようなものです。健康な人の肝臓でも3%から5%の脂肪を含んでおり、この脂肪は肝臓にとって必要な脂肪です。しかし5%を超えると不必要な脂肪がついていることになり、これを脂肪肝と呼んでいます。

 

 

脂肪肝から様々な病気が

脂肪肝は悪化すると様々な病気を引き起こすことがありますし、様々な病気のリスクを引き上げます。

 

脂肪肝から肝硬変・肝臓がん

脂肪肝が進行すると肝臓が炎症を起こす肝炎を発症することがあり、これによって肝細胞が急速に破壊されて、一部が壊死したり、線維化によって肝細胞がかたくなり、機能しない状態になってしまいます。この状態が肝硬変や肝臓がんの一段階前の状態で、この状態で食生活の改善を行わなければ肝硬変や肝臓がんに進行していく危険性が高くなります

 

脂肪肝から糖尿病・動脈硬化

脂肪肝は糖尿病の発病リスクを上げます。肝臓は糖を蓄積する機能もある臓器で、血中の糖が一定になるような作用をしてくれます。しかし脂肪肝になると糖を取り込む余裕がなくなってしまうため体内の血中の糖の調節がうまくいきません。これによって糖尿病が引き起こされ、糖尿病が進行すると動脈硬化、ひいては脳梗塞や狭心症、心筋梗塞が引き起こされます。

 

糖尿病から脂肪肝

糖尿病に限ったことではありませんが、メタボリックシンドロームの条件項目に入るような生活習慣病が元々ある人は脂肪肝になりやすい上、発症した時の進行がはやいので注意が必要です。特に糖尿病ではインスリンと言う血糖値を下げるホルモンの働きが鈍くなっています。このインスリンの働きが鈍いと肝臓に脂肪がたまりやすくなることが分かっていて脂肪肝になりやすくなりますし、その上、糖尿病における脂肪肝は死亡率が高いことも分かっています。

 

 

脂肪肝はそれ自体よりも様々な病気を連れてくることに、大きな危険があります。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/21-024563.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脂肪肝に関する記事

低血糖で肝臓にダメージ?!脂肪肝の原因にもなる低血糖

脂肪肝というとアルコール多飲など糖質の取り過ぎによって起こるものと思われてい...

脂肪肝の血液検査~検査値の意味を知ろう

  脂肪肝になるとだるさや冷え、食欲不振、肩こりなどの自覚症状が出ることもあり...


肥満・大酒飲みは脂肪肝に要注意!放っておくと恐ろしいことになる?

    日本は近年、食の欧米化が進み、日本人の体に入ってくる栄養素のうち...

脂肪肝の患者の人に是非心がけて欲しい食事のポイント4つ

  脂肪肝になっても、自覚症状がある人はほとんどいません。脂肪肝に限らず、肝臓...

カラダノートひろば

脂肪肝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る