カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 脂肪肝 >
  5. 脂肪肝の患者の人に是非心がけて欲しい食事のポイント4つ

気になる病気・症状

脂肪肝の患者の人に是非心がけて欲しい食事のポイント4つ

 

脂肪肝になっても、自覚症状がある人はほとんどいません。脂肪肝に限らず、肝臓の疾患は症状の出にくく、沈黙の臓器とも言われています。これは肝臓が再生能力や代償能力に優れており、一部がダメージをうけても他の部分がダメージを受けた分を補って正常に働くからなのですが、症状が出ないことに甘えて肝臓に負担をかける生活をしていると取り返しのつかないことになりかねません。

 

 

脂肪肝の人の食事において、肝臓に負担をかけないような食事を心がけることが大切です。

 

摂取エネルギー制限

特に適正体重ではない場合は気にしなければならないのが摂取エネルギーです。これはメタボリックシンドロームの程度と脂肪肝の重症度が比例する傾向にあるためで、様々な疾患を併発するのを防ぎます。

 

糖質制限

ジュースお菓子に含まれるショ糖はもちろんですが、果物に含まれる果糖は控えるようにしましょう。こうした糖は米やパンなどの穀物に含まれるでんぷん(ブドウ糖)よりも肝臓に中性脂肪が蓄積しやすい性質があります。ただ果物は栄養面で有効なことがありますから、美容や健康のために果物を食べるなら、なるべく朝に摂取するようにしましょう。

 

脂質制限

脂質は動物性よりも植物性の油を使用するようにしましょう。ただし、油は不足してもいけませんので極端な制限は避け、必須脂肪酸の欠乏を起こさないようにしましょう。1日の油の使用量は大さじ1程度にできるとよいです。

 

適正なたんぱく質

たんぱく質は良質なものを適量とることが重要です。とりすぎも不足しても脂肪肝を悪化させます。

 

食物繊維はたくさん

野菜や海草、きのこに含まれる食物繊維は満腹感を得る点でもカロリーを制限する点でもたくさん取りたい食材です。

 

禁酒

脂肪肝というとお酒のイメージがあるかもしれません。出来れば禁酒、飲んでも無理な飲み方をしないように気をつけましょう。

 

 

これらを見るとバランスよく、健康的な食事が基本と言えるかもしれません。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/06/21-022695.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脂肪肝に関する記事

肥満・大酒飲みは脂肪肝に要注意!放っておくと恐ろしいことになる?

    日本は近年、食の欧米化が進み、日本人の体に入ってくる栄養素のうち...

様々な病気の原因!アルコール性脂肪肝にならないために原因を知ろう

  健康診断でγGTP(ガンマジーティーピー)が高い、なんて言われる方は中...


脂肪肝の血液検査~検査値の意味を知ろう

  脂肪肝になるとだるさや冷え、食欲不振、肩こりなどの自覚症状が出ることもあり...

勘違いしがちな「脂肪肝」 あなたはどれくらい知ってる?

  肝臓は、人の臓器の中でも最大級。 体重の50分の1程度の重さと言われ、成人...

カラダノートひろば

脂肪肝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る