カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. NASH >
  5. 非アルコール性脂肪肝炎NASH 肥満・糖尿病・夜更かしが関連因子?

気になる病気・症状

非アルコール性脂肪肝炎NASH 肥満・糖尿病・夜更かしが関連因子?

 

非アルコール性脂肪肝からはじまって起こる非アルコール性脂肪肝炎をNASHと言います。NASH予備軍は1000万人いると言われており、過度にお酒を飲まないで起こる非アルコール性脂肪肝から約2割が10年かけてNASHに進行すると言われています。

 

 

主な関連因子

NASHと深く関係しているものの代表は、肥満、糖尿病と言われます。他にも高脂血症高血圧症NASHとの関連が深いとされています。これらを総括するとメタボリックシンドロームと言う言葉で表せます。メタボリックシンドロームは腹囲とともに、糖尿病や高脂血症の値が高いことでメタボリックシンドロームと診断されますが、メタボリックシンドロームと診断されていなくても予備軍とされる人は注意が必要です。

 

夜更かしも関連因子になる

夜更かしは生活習慣においてもよろしくないものですが、脂肪肝にも直接影響することがあります。計算上ではありますが、1週間の内3日間夜更かしをして生活リズムが崩れると年間で1kgの脂肪燃焼の妨げになるそうです。というのも、脳は糖によるエネルギー補給を好み、心臓は脂肪によるエネルギー補給を好む傾向があります。そして人は起きている間は脳を多く使っていますので、肝臓は脳のために多くの糖をエネルギーとして送ります。一方で寝ている間は、脳は休んでいる状態ですからそれほどエネルギーを必要としません。そのため肝臓は常に動いている心臓のための脂肪エネルギーを多く送るのです。つまり夜更かしをするということは、寝ていたら肝臓が使用するはずだった脂肪が使われないということになり、肝臓にある脂肪が十分に燃えないことになります。

 

 

アルコール性脂肪肝はアルコールの過剰摂取によって肝臓に負担をかけてしまうことで起こりますが、NASHは生活習慣が大きく関係します。

 

  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/27-370749.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

NASHに関する記事

NASHへの『ビタミンE』の効果!アクトス/メトホルミンに匹敵する?!~肝炎の治療薬

現在、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の治療法の一種として『ビタミンEの投与...

鉄分の摂りすぎに注意! 肝炎が悪化する!?

  人の右腹部、真ん中あたりに位置する、肝臓。 肝臓はアルコールの解毒作...


NASHの予防改善には第一に肥満解消!

  脂肪肝というとお酒をよく飲む人がなる疾患だという認識の人は多いと思います。...

乳酸菌で退治できる?!非アルコール性肝炎(NASH)の原因「歯周病菌」

近年、アルコール摂取や肝炎ウイルスが原因ではない脂肪肝、『非アルコール性脂肪肝...

カラダノートひろば

NASHの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る