カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. 皮膚 >
  6. 肌を潤す食事で老人性乾皮症予防~タンパク質編

介護・認知症

肌を潤す食事で老人性乾皮症予防~タンパク質編

 

老人性乾皮症の予防には、新陳代謝を活発にして健やかな皮膚を保つことが大切です。

そのために必要なのは、良質なタンパク質です。タンパク質の役割と、どんな食品に含まれるのかをまとめました。

 

 

タンパク質の役割

皮膚は、水分以外の70%をコラーゲンが占めています。コラーゲンはタンパク質から作られているため、皮膚はタンパク質からできているといっても過言ではありません。

コラーゲンは皮膚細胞間をつなぎ、水分や栄養素を補給する役割を果たしています。皮膚のバリア機能、弾力もコラーゲンに由来しています。

コラーゲンの生成量は30代を境に減少し、皮膚も乾燥しやすくなります。

 

 

タンパク質が不足すると

生命維持のため、人体のあらゆる機能にタンパク質が欠かせません。

タンパク質が不足すると体力が落ち、新陳代謝が悪くなります。皮膚・骨・髪・筋肉など、あらゆる部分がもろく、衰えます。

ホルモンバランスが乱れ、免疫力が低下するため、体調不良を起こしやすくなります。

もちろんコラーゲンの生成にも影響をあたえ、皮膚の乾燥度合が進行します。

 

 

タンパク質豊富な食品

肉類・魚介類・乳製品・卵・大豆製品に多く含まれます。動物性タンパク質にはコラーゲンもたっぷりです。

ただ、肉類からの摂取に偏ると脂質が過剰になります。豆腐・油揚げ・ヨーグルト・牛乳といった大豆製品・乳製品からもまんべんなくタンパク質を摂取しましょう。

コラーゲンの生成には、タンパク質とともにビタミンCも必要です。鶏の手羽先と緑黄色野菜を煮込んだスープなどがお勧めです。

 

 

食が細くなった高齢者は、タンパク質が不足気味です。

納豆や豆乳など、食べやすいものからタンパク質を摂取しましょう。

腎臓病などでタンパク質の摂取が制限されている人は、医師に相談してください。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/08/21-026750.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚に関する記事

なぜ高齢者の皮膚は乾燥しやすい?

皮膚の乾燥は、高齢者にとってあらゆる皮膚トラブルの元凶といっても過言ではありま...

肌を潤す食事で老人性乾皮症予防~ビタミンA編

  老人性乾皮症予防に欠かせない栄養素のうち、さまざまな食品に含まれ、毎日...


早期治療がカギ!老人性乾皮症から派生する各種の皮膚疾患

老人性乾皮症は多くの高齢者に見られる症状で、加齢による生理的な変化です。しかし...

肌を潤す食事で老人性乾皮症予防!セラミド編

    老人性乾皮症を予防するためには、体の内側から皮膚の保水力を高める...

カラダノートひろば

皮膚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る