カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 原因 >
  6. 飲酒と認知症、アルツハイマーの危険な関係

介護・認知症

飲酒と認知症、アルツハイマーの危険な関係

 

適度な飲酒はリラックスをもたらし、生活の楽しみにもなります。

その一方、過度の飲酒は心身に悪影響及ぼします。最近では、アルコールと認知症の関係が取りざたされています。

 

脳とアルコール

アルツハイマー型認知症の人は、脳に委縮がみられます。

同じように、大量の飲酒を長期間続けると、脳が委縮します。

飲酒量と脳の委縮度合には相関関係が認められています。

つまり、大量のアルコールは、脳に認知症と似たような変化をもたらします。

 

 

記憶障害

多量のアルコール摂取によって脳が委縮するだけではなく、記憶や学習能力も低下します。

その一因が、ビタミンB1のチアミンの欠乏です。

過度の飲酒をする人は、栄養のバランスが崩れがちです。

チアミンが不足すると、記憶力、特に短期記憶に障害が起きます。

過剰な飲酒による中枢神経系の損傷も大きくなります。

 

 

幻覚・妄想

長期にわたり、大量のアルコールを摂取すると、妄想や幻覚が表れることがあります。

アルコール依存症や、統合失調症の症状の場合もありますが、アルコールによる脳委縮など、脳の器質的変化が原因の可能性も否定できません。

 

 

因果関係は断定されていない

「お酒をたくさん飲んだら認知症になる」という、明確な結論は出ていません。しかし、大量の飲酒が長年の習慣だった高齢者は、他の高齢者よりも高い割合で認知症を発症するという調査結果もあります。

また、アルコールによる脳の変化、心身に与えるダメージは、認知症と非常に似ています。

「因果関係は断定できないが、影響は否定できない」と考え、過剰な飲酒は高齢者・若年者を問わず控えましょう。

 

 

過度の飲酒は、認知症以外にもうつ病とも関係があるといわれます。お酒が増えたかも…と心当たりがあれば、晩酌の量を見直してください。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/25-375612.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

認知症の原因はベータアミロイド

 アルツハイマー病など認知症はほとんどが表層的な症状から診断するしかありません。...

認知症は遺伝なの?

家族が認知症となると、それ自体の心配に加えて遺伝の可能性を不安に訴える人が多くい...


実はあった!アルツハイマー型認知症になりやすい病気!

   アルツハイマー型認知症は、認知症の中でも最も多く、軽度の記憶障害から...

寝過ぎは脳の老化を招く?!長時間睡眠は認知症やアルツハイマーの原因にも…

平日は仕事に学業に忙しい日々を過ごす人も多く、寝不足な状態が続いているというこ...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る