カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. >
  6. 高齢者に多い不調~めまいの種類 あなたのめまいは何?

介護・認知症

高齢者に多い不調~めまいの種類 あなたのめまいは何?

 

高齢者に多い不調の1つが、めまいです。めまいは、若い人にも起こりますが、高齢になると病気が潜んでいる可能性が高くなります。

めまいにもいろいろな種類があります。どのめまいに当てはまるのかを確かめ、早期の受診につなげてください。

 

 

回転性めまい

実際には静止しているのに、まるで自分がグルグル回っているかのように感じるめまいです。

周囲の景色も回っているように感じ、直立や歩行が困難になります。回転性めまいは、次の2つに分けられます。

 

◆自発性:全く自分は動いていないのに、周囲のものが回転しているように感じます。

◆誘発性:急に体勢を変えると起こるめまいです。寝返りや、ベッドから起き上がった際に頻発します。

 

 

浮動性めまい

体が宙に浮かんでいるような、フワフワとした浮遊感を伴うめまいです。

体がふらつき、まっすぐ歩行したり、直立の体勢を維持できなくなります。

 

 

動揺性めまい

本人は動いていないのに、頭や体がグラグラ揺れる感じがします。歩行がふらつく症状も伴います。椅子に座った状態でも、グラグラして座位を保持できなくなる場合もあります。

 

 

眼前暗黒発作・失神発作

目の前が真っ暗になるめまいです。急に立ち上がった時や入浴後に起こすめまいは、このタイプがほとんどです。

突然起こる自発性、ある動作が引き金になって起こる誘発性の2つに分けられます。

さらに1分以内の意識喪失を伴うめまいを、失神発作と呼びます。

眼前暗黒発作・失神発作は、めまいとともに倒れてしまうケースが多いため、ケガに注意が必要です。

 

一過性・反復性動揺視

実際には静止している物が、揺れているように見える状態です。本人に揺れている感覚がなくても、めまいの1つと考えられます。

 

 

めまいを理由に受診すると、医師から「どのような感じがするめまいか?」と、めまいの感じ方を尋ねられます。

何度かめまいを起こしたことがあるなら、どのタイプにあたるのか、症状を当てはめてみましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2007/05/14-002119.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目に関する記事

気をつけて!高齢者のめまいに潜む脳血管障害

  高齢者のめまいを引き起こす原因のうち、最も怖いのが脳血管障害です。 ...

生活習慣から防ぐ高齢者のめまい

  高齢者のめまいは、病気によるものでなければ、日常生活の中で予防すること...


高齢者のめまいはストレスから?~心因性めまい

  高齢者のめまいを引き起こすのは、体の変調だけではありません。心が原因の...

食べすぎ注意!高齢者のめまいと食事

  高齢者のめまいを予防する食事がある一方で、摂取を避けたいものもあります...

カラダノートひろば

目の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る