カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. >
  6. 高齢者のめまいと起立性低血圧

介護・認知症

高齢者のめまいと起立性低血圧

 

高齢者のめまいには、低血圧と関係して起こるものが多くあります。その中でも特に多い、起立性低血圧について説明します。

 

 

低血圧でめまいが起こる理由

通常は一定に保たれている脳の血流が、低血圧によって急に滞ると、めまいを起こします。

低血圧が原因の場合、静止しているのに目が回っているように感じる、回転性のめまいが多くなります。

 

 

起立性低血圧とめまい

低血圧が原因のめまいのうち、高齢者に多くみられるのは起立性低血圧が原因のものです。

 

◆症状

寝た状態や座位から急に立ち上がった時に血圧が低下し、めまいを起こします。

ふらつき・動悸・視野がかすむといった症状を伴うこともあります。ひどい時には、眼前暗黒感や失神をおこします。転倒によるケガが心配される、めまいです。

 

◆原因

普通なら、体位が変わるのに合わせ、全身を循環する血流はコントロールされて正常を保ちます。しかし起立性低血圧では、交感神経による調節反射がスムーズにはたらかず、血流の調節がうまくできません。その結果、低血圧をおこしてめまいに繋がります。

起立性低血圧の原因は、加齢・自律神経の機能不全・糖尿病・腎臓病・リウマチや全身エリテマトーデスなど自己免疫疾患・多発性硬化症・脊髄疾患などが考えられます。

薬剤の影響も大きく、利尿剤・抗うつ薬・睡眠薬・血管拡張薬・降圧剤を服用している高齢者は、注意が必要です。

 

 

◆治療

まず、起立性低血圧がどこに由来しているのか、検査します。持病によるものなら、おおもとになっている疾患の治療を行います。生活習慣の改善、薬物療法・運動療法が治療の基本です。

 

 

低血圧によるめまいは、立ち上がる時、午前中、内臓に血液が集まる食後に頻発します。急に立ち上がらず、手すりにつかまるといった対策で、めまいによる転倒を予防してください。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/12/02-354194.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目に関する記事

気をつけて!高齢者のめまいに潜む脳血管障害

  高齢者のめまいを引き起こす原因のうち、最も怖いのが脳血管障害です。 ...

高齢者に多い不調~めまいの種類 あなたのめまいは何?

  高齢者に多い不調の1つが、めまいです。めまいは、若い人にも起こりますが...


高齢者のめまいはストレスから?~心因性めまい

  高齢者のめまいを引き起こすのは、体の変調だけではありません。心が原因の...

食べすぎ注意!高齢者のめまいと食事

  高齢者のめまいを予防する食事がある一方で、摂取を避けたいものもあります...

カラダノートひろば

目の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る